徳光和夫【安倍さん早く10万円くれよ】競馬で負けて定期預金解約


NO.8380830
徳光和夫「安倍さん早く10万円くれよ」競馬で負けて定期預金解約
徳光和夫「安倍さん早く10万円くれよ」競馬で負けて定期預金解約
フリーアナウンサー、徳光和夫(79)が18日、ニッポン放送「徳光和夫 とくモリ!歌謡サタデー」(土曜前5・0)に生出演。

競馬の馬券が外れ、自身の定期預金を2つ解約したことを明かした。

緊急事態宣言が発出されて以降、「家に6日間もじっとしていた。結婚して、もしかして初めてじゃないか」と近況を報告。

家事を手伝おうとしたところ、妻から「あなたが手伝うとかえって散らかるから」と拒絶されたという。

「仕事がシャボン玉のように消えていく中、うちのかみさんは『あなたの場合は競馬しかないんだから、レース予想に打ち込んだらいいかもしれない。iPAT(での投票)で指を使うと、頭に良さそうだし』」と助言された。

競馬をすることに「お墨付きを得た」徳光は、佐賀競馬の第1レースが始まる午前10時半から「積極的に」全国各地のレースに参加。

「3日目くらいで楽天銀行の預金が底をついた」と語り、「人生で初めてなんですけど、5日間で2回定期預金を解約してきました」と明かした。

「本当にこのコロナのおかげで競馬症候群になったみたいなもの」と愚痴をこぼし、その後は妻と写真アルバムを見ながら思い出を語ったという。

「安倍さん、早く10万円くれよ! そんなこと言っちゃいけないですけどね。早く収まりますよに、馬券が当たりますように」と願った。



【日時】2020年04月18日 14:54
【ソース】サンケイスポーツ


【徳光和夫【安倍さん早く10万円くれよ】競馬で負けて定期預金解約】の続きを読む