菊池桃子 障がい持つ長女の洗濯に【朝から泣いてしまった】


NO.8372802
菊池桃子 障がい持つ長女の洗濯に「朝から泣いてしまった」
菊池桃子 障がい持つ長女の洗濯に「朝から泣いてしまった」
タレント・菊池桃子(51)が15日、ブログを更新。

障害を持つ長女(18)についてつづった。

菊池は1995年に前夫と結婚。

96年に第1子長男、2001年10月に長女を出産した。

長男を出産後、障害を持つ可能性があった子を死産しており、その後に誕生した長女は生後7カ月のとき、左の手足に障がいがあることが判明した。

15日のブログで、「サユ」と呼ぶ長女が洗濯をしていてくれたことを伝え、外出自粛の中、長女が料理や洗濯をしてくれることに「たびたび感動している」と告白。

「このブログを始めた頃は小学生だった。そして、以前から書いているように、娘は乳児期の病気の後遺症で、身体にハンディキャップを持っている。けれども、逞しく、頼もしい。」とつづった。

慣れない洗濯で、干し方なども違うが、「たたみながら、朝から泣いてしまった。嬉しくて。ありがとう!」と感動を伝えている。



【日時】2020年04月15日 16:33
【ソース】デイリースポーツ
【関連掲示板】


【菊池桃子 障がい持つ長女の洗濯に【朝から泣いてしまった】】の続きを読む