旬の気になる話題満載!

まとめサイト『旬の気になる話題満載!』を運営しております。
世間で話題になった旬のニュース、ちょっと気になるニュース、
おもしろ情報など配信していきます。

    麻生大臣発言


    現金給付、スピード感が一番大事【要望する方々に支給することになる】麻生財務相


    NO.8377630
    現金給付、スピード感が一番大事「要望する方々に支給することになる」麻生財務相
    現金給付、スピード感が一番大事「要望する方々に支給することになる」麻生財務相
    麻生太郎財務相は17日の閣議後会見で、現金10万円の一律給付について、与党の検討状況を見守りながら20年度補正予算を組み替え、迅速に実施する方針を示した。

    「スピード感を持ってやることが一番大事。5月には(実施)という感じがしている」と述べた。

    リーマンショック後、当時の麻生内閣は現金の定額給付を実施したが、景気刺激につながらず麻生氏は「失敗だった」と述べてきた。

    麻生財務相は、今回の現金給付は「要望する方々に支給することになる」と指摘し、麻生内閣が行った一律給付とは異なるとした。

    また、今回は緊急事態宣言の対象地域を全国に拡大したことに伴って打撃を受ける層の生活補償だと説明。

    各地で休業要請が出る中、消費する場所が限られているため、消費喚起にはつながらないとの見方を示した。

    現金給付の財源について、麻生財務相は「(補正予算の)ほかの費目から削ってできると思うか」と述べ、赤字国債の追加発行に頼らざるを得ないとの考えを示唆した。



    【日時】2020年04月17日 13:24
    【ソース】ロイター


    【現金給付、スピード感が一番大事【要望する方々に支給することになる】麻生財務相】の続きを読む


    麻生副首相・財務相【現金給付は慎重に】 追加経済対策


    NO.8287366
    麻生副首相・財務相「現金給付は慎重に」 追加経済対策
    麻生副首相・財務相「現金給付は慎重に」 追加経済対策
    麻生副首相兼財務大臣は新型コロナウイルス感染拡大を受けた追加的経済対策をめぐり、現金給付の案がでていることについて、リーマンショックの際に支給したもののあまり効果がなかったとして、慎重に考えるべきだとの認識を示した。

    NHKニュースが伝えている。

    麻生財務相は記者会見で、経済対策として現金を給付する案が出ていることについて「現金を一人一人に配ることを現時点で検討していない。現金給付はリーマンショックの際に行ったが、あまり効果はなかったのではないか」と述べ、慎重に考えるべきだとの認識を示した。

    また消費税の減税を含めた税制面での対応について「景気対策として税を考えるのは常にある話。色々な形の税があるので考えていく。今の段階で消費税という話は考えているわけではない」と述べた。

    朝日新聞によると、昨日18日、日本政府・与党は緊急経済対策の一環として現金給付などの直接的な家計支援について検討した。

    2008年のリーマンショックで起きた世界金融危機に際、日本政府は全世帯を対象に1人1万2千円(子どもと高齢者は2万円)の定額給付金を配った例がある。

    また安倍首相は18日の新型コロナウイルス対策本部で、個人向けの緊急小口資金の貸付について対象を拡大することを表明。

    このほか、電気料金など公共料金や国税、社会保険料の支払い猶予などに取り組む考えを示した。



    【日時】2020年03月19日 14:45
    【ソース】Sputnik 日本
    【関連掲示板】


    【麻生副首相・財務相【現金給付は慎重に】 追加経済対策】の続きを読む


    新型コロナウィルスを死滅させるエアコンが登場!


    NO.8278066
    新型コロナウィルスを死滅させるエアコンが登場!
    新型コロナウィルスを死滅させるエアコンが登場!
    中国の家電メーカー、ハイアールが新型コロナウィルスを死滅させるエアコンを発表した。

    56度の温度でエアコン内部を除菌、掃除をするという物だ。

    クーラーの冷却ピンと連結管を同時に56度以上の温度で除菌し、実測温度は60度を超える。

    56度以上の温度で30分以上維持すれば新型コロナウィルスは死滅することが出来るという。

    一般的にエアコンのピンには大量のほこりや最近、ウィルスが溜まり、部屋の空気に細菌を拡散する温床となる。

    この除菌セルフクリーン機能は欧州、日本、ロシアなど海外諸国で特許を取得したとハイアールは説明。

    実際に発表会で実演したところ、蒸発器のピンの温度は氷点下20度から60度まで高速に上がったのがわかる。

    このセルフクリーン機能のほこり除去率は99.7%としており、除菌率は99.4%になる。

    【日時】2020年03月16日
    【提供】ゴゴ通信


    【新型コロナウィルスを死滅させるエアコンが登場!】の続きを読む


    麻生大臣「つまらないこと」発言 切り取りと擁護も止まぬ批判


    NO.8237899
    麻生大臣「つまらないこと」発言 切り取りと擁護も止まぬ批判
    麻生大臣「つまらないこと」発言 切り取りと擁護も止まぬ批判
    新型コロナウイルスの感染拡大を受け、2月27日に安倍晋三首相(65)が要請した小中高校などの臨時休校要請。

    一夜明けた28日、子どもを抱える家庭や全国の自治体が対応に追われていた。

    そんななか、麻生太郎財務大臣(79)の発言が物議を醸している。

    『テレ東NEWS』にアップされた動画によると、28日の会見で記者が“臨時休校で親や企業が対応することになった際の費用負担”について麻生大臣に見解を求めた。

    すると麻生大臣は「経費がかかるとかいろんなことについては、対応する」と費用を負担する考えを明かした。

    続いて別の記者が「具体的なスキーム(仕組み)はこれからか?」と質問すると、麻生氏は「こちらが要請を受けて出すんですから。こちらが最初においくらですよって決めているわけないでしょう」と回答。

    そして「もうちょっと常識的なことを聞こう」と記者に語りかけ、「つまんないこと聞くねえ」と続けた。

    同記者が「いやいや、国民の関心ごとですよ」と食い下がると、「言われて聞くのかねえ? 上(上司)から言われてるわけ? かわいそうだねえ」と言い放っていた。

    この麻生氏の“つまらないこと”発言に、Twitter上では《どこがつまらないことなの?》《政治家やめたほうがいい》と厳しい批判の声があがっていた。

    いっぽう、第一報を報じた『毎日新聞』の見出しが『麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」』だったことから、一部では《また得意の切り取りかよ》《ミスリードだ》と擁護する声も相次いでいた。

    しかし、この記者の質問は本当に“つまらないこと”だったのだろうか? 27日に休校要請が出された際、補償については一切触れられていなかった。

    その間、対応に追われる親世代からは「補償はどうなるのか」といった不安の声が多く上がっていた。

    つまり記者が言うように、補償についての問題は国民の大きな関心事だったのだ。

    そうした状況のなか、一連の発言をした麻生氏への批判は止まない。

    《たとえ麻生さんの「つまんないこと」発言が切り取りとかミスリードだとしても、中身がなんであれ記者にいちいちあんな偉そうに喋ることが許されるわけはないし、今まで彼が何を喋ってたのかその酷さを知ってるからこそ皆すごく怒ってるんだよね、っていう》

    《麻生氏、我々が「国はちゃんと補償してくれるのだろうか」「あるとは思うけど正直発表な..



    【日時】2020年02月29日 00:11
    【ソース】女性自身
    【関連掲示板】


    【麻生大臣【つまらないこと】発言 切り取りと擁護も止まぬ批判】の続きを読む

    このページのトップヘ