東京都知事選、「松岡修造」擁立が自民都連の大本命

「松岡修造」人気だけで東京都知事が務まると思わないが。。。

NO.8082183
東京都知事選、「松岡修造」擁立が自民都連の大本命
東京都知事選、「松岡修造」擁立が自民都連の大本命
 東京五輪イヤーで日本中が沸いているが、東京・永田町はもう1つの闘いで大きく揺れている。

五輪直前の7月5日に投開票が行われる東京都知事選挙だ。

 出馬が確実とみられる現職の小池百合子知事(67才)に対し、「反小池」の自民党東京都連の候補者選びは難航していた。

丸川珠代参議院議員(48才)、鈴木大地スポーツ庁長官(52才)といった名前は挙がるが、小池一強の牙城を揺るがすまでにはいたらないとされる。

 そこで白羽の矢が立ったのが、「日本一アツい男」といわれる松岡修造(52才)だという。

「熱血漢でクリーンなことから好感度が高く、阪急電鉄、宝塚歌劇団、東宝などを創業した小林一三氏のひ孫と血筋もいい。

舛添要一元都知事の政治資金問題が出た際、藤田ニコルさんが“次の都知事は松岡さんがなったらいい”というなど若者人気も高く、幅広い層からの得票が期待できます」

「修造出馬」のプランは着々と練られているという。



【日時】2020年01月07日 07:00
【ソース】NEWSポストセブン
【関連掲示板】


【東京都知事選、「松岡修造」擁立が自民都連の大本命】の続きを読む