旬の気になる話題満載!

まとめサイト『旬の気になる話題満載!』を運営しております。
世間で話題になった旬のニュース、ちょっと気になるニュース、
おもしろ情報など配信していきます。

    17歳の妖精(紀平)


    【紀平梨花ノーミス演技で連覇】…宇野とアベックV (動画)


    NO.8217614
    紀平梨花、ノーミス演技で連覇…宇野とアベックV
    紀平梨花、ノーミス演技で連覇…宇野とアベックV
    ◆フィギュアスケート チャレンジ・カップ最終日(23日、オランダ・ハーグ)

    女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の紀平梨花(17)=関大KFSC=がフリーでもトップの156・38点をマークし、合計230・65点で連覇を飾った。4回転サルコーは回避したが、3回転半ジャンプ(トリプルアクセル)2本、3回転ルッツ2本を入れた高難度の構成をノーミスで演じ上げ、3月の世界選手権(18〜21日、モントリオール)に弾みをつけた。

    横井ゆは菜(19)=中京大=が141・27点、214・56点で2位。

    22日の男子フリーは宇野昌磨(22)=トヨタ自動車=が198・70点、合計290・41点で優勝した。

    ノーミスの演技に、紀平はガッツポーズをつくった。

    「集中して全てのジャンプをきれいに着氷することができてよかった。出来としても90点くらいの内容」と笑顔で振り返った。

    トリプルアクセル2本と3回転ルッツ2本を含む全てのジャンプを成功。

    ステップ、スピンも最高評価のレベル4をそろえる完成度の高い滑りを披露した。

    3月の世界選手権前最後の実戦は演目の完成度を重視し、4回転サルコーは回避した。

    参考記録ながら18年NHK杯で記録したフリーの自己ベストを1・68点上回り、次戦の世界選手権へ弾みをつけた。

    「世界選手権に向けてもっと改善していきたい」。シニア転向1季目で世界を席巻する「ロシア3人娘」に挑む。



    【日時】2020年02月24日
    【ソース】スポーツ報知
    【関連掲示板】


    【【紀平梨花ノーミス演技で連覇】…宇野とアベックV (動画)】の続きを読む


    【紀平梨花Vで4大陸選手権連覇】 樋口4位、坂本5位

    17歳の妖精!笑顔がとってもいい。おめでとう!

    NO.8172008
    紀平梨花Vで4大陸選手権連覇 樋口4位、坂本5位
    紀平梨花Vで4大陸選手権連覇 樋口4位、坂本5位
    <フィギュアスケート:4大陸選手権>◇8日◇韓国・ソウル◇女子フリー

    ショートプログラム(SP)首位の紀平梨花(17=関大KFSC)がフリートップの151・16点を記録し、合計232・34点で2連覇を果たした。

    樋口新葉(19=明大)が合計207・46点の4位、坂本花織(19=シスメックス)が202・79点の5位となった。

    最終滑走。

    紀平が女王の貫禄を示した。

    直前に同じ浜田美栄コーチから指導を受ける劉永(ユ・ヨン、15=韓国)が会心の演技。

    紀平もトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)が1回転半になるミスがあったが、2本目はきっちりと決めて2回転トーループをつけた。

    重圧がかかる中で安定感を示し、合計223・23点でトップだった劉永を上回った。

    1月に約3週間行った米コロラド合宿。

    4回転ジャンプの練習などと並行し、磨いたのがフリー「インターナショナル・エンゼル・オブ・ピース」の振り付け。

    振付師のトム・ディクソン氏と手の動きから表情に至るまで高みを目指した。

    「少しの差だけれど、ちょっと雑になっている滑りとかがあった。『もう少し流れに沿った、曲にあった感じを意識してほしい』と言われました。『こんなにも違うように見えるんだな』と思いました」

    失敗が少なくなった高難度のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は、跳ぶまでの滑りを曲にとけ込ませる段階になった。

    「振り付けから『パッとジャンプのルートに入ったな』っていうのが分かるような感じだった。『そこはなくしてほしい』と言われました」

    22年北京五輪金メダルを目標とし、4回転サルコーも特訓中。

    それでもジャンプの進化だけでなく、プログラムの完成度にもこだわってきた。

    今後はチャレンジ・カップ(20日開幕、オランダ・ハーグ)を経て、3月の世界選手権(カナダ・モントリオール)に向かう。

    昨季の同選手権は4位。

    強力ロシア勢も出場する大舞台で、1年間の集大成を披露する。

    ▽紀平梨花のコメント「今日はちょっと前のヨンちゃんの点数(223.23点)にすごく驚いて、少し緊張しました。1つ目のアクセルにミスがあったんですけど、その他のジャンプでリカバリーできたのがすごくよかった。次につながるいい経験になった」



    【日時】2020年02月08日 16:57
    【ソース】日刊スポーツ
    【関連掲示板】


    【【紀平梨花Vで4大陸選手権連覇】 樋口4位、坂本5位】の続きを読む


    紀平梨花vsロシア3人娘 会見マナーでは紀平の圧勝!

    17歳の妖精!その場にいるだけで存在感は凄いものがある。4回転はケガのリスクが大きすぎる。芸術点や表現力でも高得点は狙えるのではないか?。。ともあれ大切に育てたいところでもある。

    NO.8076190
    紀平梨花vsロシア3人娘 会見マナーでは紀平の圧勝!
    紀平梨花vsロシア3人娘 会見マナーでは紀平の圧勝!
    フィギュアスケート界を“ロシア3人娘”が席巻している。

    昨年開催されたグランプリ(GP)シリーズ(10〜12月)は全7大会の優勝をアリョーナ・コストルナヤ(16)、アレクサンドラ・トルソワ(15)、アンナ・シェルバコワ(15)のロシア勢で独占。

    GPファイナルではその3人が表彰台を飾り、日本のエース・紀平梨花(17)は4位、平昌五輪(2018年)金メダルのアリーナ・ザギトワ(17)は最下位の6位に沈んだ。

    「昨季のGPシリーズでは紀平がトリプルアクセルを武器にファイナル含めた3大会で優勝しました。ところが状況は変わり、今季はロシアの高い3枚の壁に紀平が抑えこまれている構図です」(スケート関係者)

    3人娘と紀平が次に対決するとみられるのが3月の世界選手権だ。

    「ロシア勢に対抗するため、紀平は4回転サルコウに挑んでいます。ただ、ロシア3人の勢いはまだ止まらないでしょう」

    そう話すのは、フィギュア担当記者だが、一方でロシア3人娘にはこんな不安もあると指摘する。

    「3人ともロシアの名門クラブでエテリ・トゥトベリゼ・コーチに師事していますが、ザギトワと平昌五輪銀メダルのエフゲニア・メドベージェワ(20)、さらにソチ五輪..



    【日時】2020年01月04日 16:00
    【ソース】NEWSポストセブン
    【関連掲示板】


    【紀平梨花vsロシア3人娘 会見マナーでは紀平の圧勝!】の続きを読む


    【紀平が初優勝】世界選手権へ 樋口2位、川畑が3位

    4回転は封印となったが17歳の妖精がやってのけた。世界の壁は4回転!この先、紀平選手はどう向き合っていくのだろう。。

    NO.8042935
    紀平が初優勝、世界選手権へ 樋口2位、川畑が3位―全日本フィギュア女子
    紀平が初優勝、世界選手権へ 樋口2位、川畑が3位―全日本フィギュア女子
    フィギュアスケートの全日本選手権第3日は21日、東京・国立代々木競技場で女子フリーが行われ、紀平梨花(関大ク)が合計229.20点で初優勝を果たし、世界選手権(来年3月、カナダ・モントリオール)代表入りを決めた。フリーでは4回転を跳ばなかったが、155.22点をマークしてショートプログラム(SP)に続いて1位となった。
    4回転挑まず、初の女王 逃げ切り選んだ紀平―全日本フィギュア

     SP4位の樋口新葉(明大)が合計206.61点で2位。SP7位でジュニアの川畑和愛(N高東京)が193.96点で3位に入った。宮原知子(関大)は4位、前回覇者の坂本花織(シスメックス)は6位だった。
     出場1組のペアはフリーが行われ、三浦璃来、木原龍一組(木下ク)は合計170.11点だった。



    【日時】2019年12月21日 21:50
    【ソース】時事通信


    【【紀平が初優勝】世界選手権へ 樋口2位、川畑が3位】の続きを読む

    このページのトップヘ