女子の2.5人に1人が性被害 SOSの声、受け止めて


NO.7994529
女子の2.5人に1人が性被害 SOSの声、受け止めて
女子の2.5人に1人が性被害 SOSの声、受け止めて
子どものころに受けた性暴力の被害は、心身に深い傷を刻み込み、その後の人生にも大きな影を落とします。

この問題に詳しい精神科医の白川美也子さんに話を聞きました。

日本では、女子は2・5人に1人、男子は10人に1人が18歳までに、ちかんや裸の写真の撮影なども含む何らかの性被害を受けているというデータ(日本性科学情報センター「子どもと家族の心と健康 調査報告書」)があります。

性被害は決して特異なことではありません。

全国の児童相談所に相談が寄せられる親からの性的虐待は年間約1700件ですが、氷山の一角と思われます。

また、家庭内での性被害より家庭外での性被害が多く、米国では1対3の割合です。

私はこれまで多くの被害者を診てきました。

被害を受けた子どもが思春期になって問題行動を起こすことは少なくありませんし、悪影響が生涯にわたることもあります。

それは、つらい体験をしたことで、癒えない心の傷、いわゆるトラウマ(心的外傷)を受けるからです。

被害のときの記憶は、五感、感情、認知や思考などがそのときのまま脳の中で「冷凍保存」され、なるべく思い出さないようにしまわれます。

「..



【日時】2019年12月01日 20:30
【ソース】朝日新聞
【関連掲示板】


【女子の2.5人に1人が性被害 SOSの声、受け止めて】の続きを読む