ガチハメ撮りAV会社摘発 その鬼畜な手口


NO.7935553
ガチハメ撮りAV会社摘発 その鬼畜な手口
ガチハメ撮りAV会社摘発 その鬼畜な手口
アダルトビデオ制作会社「ミュゼ」モデル事務所「ベルプロモーション」社長若林弘之と、従業員でハメ撮りカメラマン蛯原友宏が、2019年7月に逮捕された事件。

スカウトからラブホに導入、ガチハメ撮りし「家族にばらす」と脅した鬼畜な手口が話題になっている。

女性10~40代の女性約60人が、HPからモデル応募。

「出演承諾書」を書かせ、面接に乗じてラブホでハメ撮り。

女性が抗議すると、家族にばらすと強迫。

ベルプロモーションは撮影した無修正動画を「Hey動画」に提供。

「Hey動画」では「ガチン娘」と題して、450本ほど提供。

1本10〜20ドルで動画を販売。

ベルプロモーションには売り上げの30%がバックされ、「Hey動画」以外への無修正動画を提供。

海外からの入金総額は、2年で約1億1500万円以上だったという。

流れるままAVに出演させられた女性のギャラは5万円。

逮捕容疑が無修正。

乱立と過当競争が続き、過激化するアダルト業界。

闇は深そうである。

【日時】2019年11月08日 16:30
【提供】激裏情報
【関連掲示板】


【ガチハメ撮りAV会社摘発 その鬼畜な手口】の続きを読む