米ミシガン州の農地に人工衛星が墜落 ボディには「Samsung SpaceSelfie」


NO.7911868
米ミシガン州の農地に人工衛星が墜落 ボディには「Samsung SpaceSelfie」
米ミシガン州の農地に人工衛星が墜落 ボディには「Samsung SpaceSelfie」
なんと人騒がせな…米ミシガン州で26日朝、家族経営の広大な農場に驚きの“宇宙ゴミ”が墜落しているのが発見され、地元の人々を仰天させている。

問題の物体は26日午前8時45分ごろ、同州サギノー郡メリルでE・ヴァン・バレンさんという一般人が所有する農地に落ちてきたもので、隣人のダン・ウェルケさん夫妻が大きな音に驚いてそちらに駆け付け、通報したという。

落下したとはいえ、パラシュートが開いていたため破損はそう激しくなく、ソーラーパネルの羽根と4本の足、そしてボディにある「Samsung SpaceSelfie」という文字もはっきりと見て取れる。

南西に位置する大きなグラティオット郡から専門家が派遣されて調査にあたったところ、これはSamsungのイギリスの法人「Samsung UK」が打ち上げた5G対応型Galaxy S10を搭載した人工衛星と判明した。

ケガ人がいなかったことは不幸中の幸い「Samsung SpaceSelfie」は一般的な旅客機の飛行高度の約2倍上となる、地上19.8kmの高さを維持し、ユーザーに宇宙の映像をリアルタイムで配信し、自撮り写真にそれを背景として重ねてもらおうという楽しい有料サービス。

今月23日にスタートしたばかりで、人気モデルのカーラ・デルヴィーニュが広告塔を務めていた。

Samsung UKは、その人工衛星が200時間以上の飛行を終えたら落ちてくることは最初からわかっていたといい、「ご迷惑をおかけしたことをお詫びします」としているが、問題は機体の落下ばかりではなかった。

打ち上げられた土地では、その際に使用された気球が送電線に絡まって付近一帯が停電となり、道路が30分間閉鎖されるなどの被害が出ていたこともこのたび明らかに。

「なんとお騒がせで迷惑な」と人々を呆れさせている。

【日時】2019年10月29日
【提供】エトセトラ・ジャパン
【関連掲示板】


【米ミシガン州の農地に人工衛星が墜落 ボディには「Samsung SpaceSelfie」】の続きを読む