手動解除NGの「オートライト義務化」 クルマのランプスイッチ、どう変わるのか?


NO.7873252
手動解除NGの「オートライト義務化」 クルマのランプスイッチ、どう変わるのか?
手動解除NGの「オートライト義務化」 クルマのランプスイッチ、どう変わるのか?
■スイッチを「OFF」にしても「AUTO」に戻る
2020年4月以降に発売される新車から、周囲の明るさが一定以下になるとロービーム(すれ違い用前照灯)を自動で点灯する「オートライト」の装備が義務化されます。

薄暮れの時間帯に交通事故が多い実態を踏まえた措置です。

 今回の法令の条文では「自動点灯に係る機能については、手動による解除ができないものでなければならない」と明記されています。

では夜間に前照灯を消したい場合、どうなるのでしょうか。

 すでに新法規に対応しているクルマでは、ランプスイッチが大きく変化しています。

2019年7月に発売されたダイハツの新型「タント」。

ランプスイッチのポジションはこれまで「〇(OFF)」「AUTO」「スモール(車幅灯や尾灯など)」「前照灯」の4つでしたが、これが「〇」「AUTO」「前照灯」の3つになり、かつ「AUTO」がデフォルト(標準)の位置になりました。

スイッチを「〇」の位置にして手を離すと、「AUTO」へ自動的に戻る仕組みです。

「走行中は前照灯を消灯できません。

車速3km/h以下で『〇』に回すと前照灯が消え、そのまま約1秒スイッチを保持するとスモールランプなども消..



【日時】2019年10月12日
【ソース】乗りものニュース
【関連掲示板】


【手動解除NGの「オートライト義務化」 クルマのランプスイッチ、どう変わるのか?】の続きを読む