朝ドラ「なつぞら」は最終回も近いのに盛り上がらないのはなぜ?


NO.7799840
朝ドラ「なつぞら」は最終回も近いのに盛り上がらないのはなぜ?
朝ドラ「なつぞら」は最終回も近いのに盛り上がらないのはなぜ?
NHKの朝ドラ「なつぞら」が9月9日、第139話の視聴率が23.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同)と番組最高視聴率を更新した。

この日は、なつ(広瀬すず[21])が、18年間務めた東洋動画を退職し、仲間たちでつくったアニメ制作会社で第二の人生のスタートを切った門出の回だった。

 今月末の最終回に向け、いよいよラストスパートかと思われたが、翌日以降は連日の20%割れで、むしろ失速……。

記念すべき第100作の朝ドラは、このまま盛り上がりに欠けるままフィナーレを迎えてしまうのか。

ならば、その原因はどこにあるのか、業界のプロに聞いてみた。

 ***

 民放プロデューサーは言う。

「9月9日の23・8%に関しては、番組の内容とはほとんど関係ないでしょう。この日、関東地方は台風直撃で、交通機関がストップ。おまけに朝刊もなかったので、サラリーマンは電車がいつ動くのか知りたくてNHKを見ていたのです。それが証拠に、『NHKニュースおはよう日本』の朝7時からの視聴率は、21.1%。それに続く『NHKニュースおはよう日本・関東甲信越』(7時45分〜8時)も23.6%でした。通常なら10%台前半の番組ですが、20%以上となっていま..



【日時】2019年09月17日
【ソース】デイリー新潮
【関連掲示板】


【朝ドラ「なつぞら」は最終回も近いのに盛り上がらないのはなぜ?】の続きを読む