旬の気になる話題満載!

まとめサイト『旬の気になる話題満載!』を運営しております。
世間で話題になった旬のニュース、ちょっと気になるニュース、
おもしろ情報など配信していきます。

    沢尻エリカ


    沢尻エリカ被告保釈 姿見せずに医療機関に入院 起訴当日に


    NO.8007979
    沢尻エリカ被告保釈 姿見せずに医療機関に入院 起訴当日に
    沢尻エリカ被告保釈 姿見せずに医療機関に入院 起訴当日に
    11月16日に逮捕された女優の沢尻エリカ容疑者(33)が6日、東京地検から麻薬取締法違反の罪で起訴された。

    合成麻薬のMDMAに加え、LSDの紙片と液体も所持していた疑い。

    直後に保釈請求して、保釈保証金500万円を納付。

    勾留されていた警視庁東京湾岸署から保釈された。

    その後、薬物依存の治療のため、都内の大学病院に入院した。

    沢尻被告は謝罪文を発表し、女優復帰の意欲を示した。

    所属事務所も更生を支援する方針を公表した。

    地に墜ちた姿を、世間に見せることはなかった。

    逮捕当日の留置場移送や送検では、車両のカーテンが閉められ、車中の様子はうかがえず。

    衝撃逮捕から20日、沢尻被告は、保釈されても、湾岸署内で迎えの車に乗り込んで、午後7時24分、警察署を後にした。

    逮捕から一度も姿を見せないまま、身柄の拘束を解かれた。

    勾留期限となったこの日、保釈以外にも大きな展開があった。

    警視庁組織犯罪対策5課が、沢尻被告の自宅から合成麻薬LSDを押収していたことが判明。

    10年以上前から違法薬物に手を出して、「これまでに大麻やLSD、コカインも使った」という供述を裏付けする..



    【日時】2019年12月07日
    【ソース】デイリースポーツ
    【関連掲示板】


    【沢尻エリカ被告保釈 姿見せずに医療機関に入院 起訴当日に】の続きを読む


    沢尻エリカ、薬物使用して性行為の可能性との指摘…経験者が語る快楽と“廃人”になる恐ろしさ


    NO.7992411
    沢尻エリカ、薬物使用して性行為の可能性との指摘…経験者が語る快楽と“廃人”になる恐ろしさ
    沢尻エリカ、薬物使用して性行為の可能性との指摘…経験者が語る快楽と“廃人”になる恐ろしさ
    合成麻薬「MDMA」を所持していたとして逮捕された沢尻エリカ容疑者に、新たな疑惑が浮上した。薬物を使っての性行為に溺れていたのではないか、というものだ。

     11月26日、沢尻容疑者と交際歴がある30代のファッションデザイナー・横川直樹容疑者が警視庁組織犯罪対策5課に麻薬取締法違反の疑いで逮捕された。沢尻容疑者は、自身が所持していたMDMAについて「横川容疑者からもらった」という趣旨の供述をしているという。

     沢尻容疑者と横川容疑者は2011年頃から交際を始めたとされており、14年には同居が報じられたものの、今年9月には破局報道も流れた。当時は「沢尻が大河ドラマに集中するため」などといわれていたが、以後も復縁説が出るなど、2人の関係は完全に切れてはいなかったようだ。そして、その原因が薬物を使った性行為ではないのか、というわけだ。

     11月28日付日刊スポーツでは、そうした可能性について専門家の話を交えて指摘している。では、実際に薬物を使った性行為の経験者はどう考えるのか。



    【日時】2019年11月29日
    【ソース】Business Journal


    【沢尻エリカ、薬物使用して性行為の可能性との指摘…経験者が語る快楽と“廃人”になる恐ろしさ】の続きを読む


    沢尻エリカと大麻インストラクターの「吸引現場写真」 - 芸能ニュース掲示板|爆サイ.com関東版


    NO.7975314
    沢尻エリカと大麻インストラクターの「吸引現場写真」
    沢尻エリカと大麻インストラクターの「吸引現場写真」
     雲一つない青空の下、黒いタイル貼りの屋根の上で、日本人女性と外国人男性がリラックスして座っている。女性はトロンとした眼で愛おしそうに男性を見つめており、一見して他愛ないカップルの日常風景にしか見えない。

     しかし、この女性が沢尻エリカで、男性の職業が“大麻インストラクター”となれば、話は変わる。しかも、2人の足下に写っているのは、「大麻吸引器」なのだ。

     遡ること8年前、本誌・週刊ポスト2011年2月25日号は男性のフェイスブックに掲載されたこの写真をもとに、「沢尻エリカ スペイン人“新恋人”は大麻インストラクター」という記事を掲載した。

     沢尻エリカと薬物を結びつけた初めての報道で、その1年後、『週刊文春』(2012年5月31日号)が「沢尻エリカは大麻中毒」と報じることになる。

     当時24歳の沢尻は、人気絶頂のなか前夫・高城剛氏(ハイパーメディアクリエイター)とともにスペインへ活動拠点を移したものの、その高城氏とも離婚騒動の渦中にあった。その頃、沢尻が親密な関係になったのが、バルセロナ出身のスペイン人男性、セルヒオ氏(当時29歳)だった。

     セルヒオ氏は、大麻(マリファナ)栽培のインストラク..



    【日時】2019年11月24日 16:00
    【ソース】NEWSポストセブン


    【沢尻エリカと大麻インストラクターの「吸引現場写真」】の続きを読む


    沢尻エリカ、映画でヌード披露した女優度胸に太鼓判「AV出演は現実的な選択」


    NO.7967796
    沢尻エリカ、映画でヌード披露した女優度胸に太鼓判「AV出演は現実的な選択」
    沢尻エリカ、映画でヌード披露した女優度胸に太鼓判「AV出演は現実的な選択」
     どう考えても、「別に」というレベルで済むことはなさそうだ。

     女優の沢尻エリカが16日、合成麻薬MDMAの所持容疑で逮捕され、芸能界は騒然。関係者が対応に追われている。

     10代前半にデビューし、2005年に映画『パッチギ!』で数々の賞を受賞。そんな沢尻の1度目の挫折が、「別に」発言だった。舞台挨拶でマスコミの質問に対し、不機嫌極まりない対応をして批判が殺到。その高飛車な態度から“エリカ様”とも呼ばれ、数年間仕事を失うも、近年ではすっかり売れっ子女優に返り咲いていたが、薬物使用がバレてしまえばジ・エンドだ。キー局関係者がいう。

    「一度は消えた沢尻エリカが復活できたのは、“気難しくて傲慢なオンナ”というキャラが唯一無二だったからです。しかし世間がそれを許すのは、演技であることが前提。プライベートでも麻薬をガンガンやっていたとなれば、ただの社会不適合者です。特に被害が大きいのがNHKで、来年の大河ドラマはもちろん、BSプレミアムの『アナザーストーリーズ運命の分岐点』も隠れた人気コンテンツでしたから、局員のショックは大きいでしょう」(キー局関係者)

     こうなると、にわかに興味が湧くのは、沢尻がどうやって賠償金を捻出するかだ。女性芸能誌の記者はいう。

    「すでに10話以上撮影が終わっている大河だけでも、賠償金は億単位。出稿量が莫大な『Indeed』のCMも始まったばかりでしたから、賠償額は2億や3億では収まりません。ここ数年、沢尻のCMのギャラは4,000万〜5,000万円程度でしたから、年収は1億円を下らなかったでしょうが、常識的に考えて、クラブ通いを続け、麻薬をやっていたような人間に蓄えがあるはずはありません」

     捨てる神あれば拾う神あり。そこで浮上するのは、アダルトビデオ業界だ。

     かつて覚醒剤で逮捕された小向美奈子を口説き落とし、発売にこぎつけたAVメーカーは20万枚以上を売り上げ、これにより小向は2億円近くを手にしたと言われています。沢尻はすでに映画でヌードを披露しており、女優度胸は満点。5本、10本単位の契約で、賠償金を一気に払えてしまうような額の提示もある。釈放後の経済状況を考えると、沢尻のAV出演は現実味ある選択です」(AVメーカーのプロデューサー)

     沢尻は取り調べに素直に応じ、MDMAが自分の物であることや、他の違法薬物も使用していたこと、さらに10年以上前から違法薬物を使用していたことなどを供述しているという。こうなるとまさに筋金入りのジャンキーだが、裁判ではどのような判決が下されるのか。

    「世間一般では、自分から正直に話せば罪は軽くなるという印象があるかもしれませんが、これだけ長きにわたって違法薬物を使っていたとなると、裁判官は『法律を守るという意識が薄い』と認識しますから、罪の軽減は期待できません。通常なら違法薬物の裁判は、初犯なら懲役1年6月、執行猶予3年が相場ですが、注目度の高い有名人の裁判は、判決が厳しくなる傾向があります。清原和博が懲役2年6月、執行猶予4年でしたから、沢尻もそのあたりの判決が予想されます」(社会部記者)

     大河出演が決定した際には、「自分の集大成に」と語ったものの、それを自ら捨てた沢尻。金策のために、別の形で“集大成”を披露することになるのだろうか。

    【日時】2019年11月20日 17:38
    【提供】日刊サイゾー
    【関連掲示板】


    【沢尻エリカ、映画でヌード披露した女優度胸に太鼓判「AV出演は現実的な選択」】の続きを読む


    沢尻容疑者“非シャブ系”薬物フルコース「MDMAはイベントで…」「LSDやコカイン、大麻も使った」


    NO.7964476
    沢尻容疑者“非シャブ系”薬物フルコース「MDMAはイベントで…」「LSDやコカイン、大麻も使った」
    沢尻容疑者“非シャブ系”薬物フルコース「MDMAはイベントで…」「LSDやコカイン、大麻も使った」
     合成麻薬MDMAの所持容疑で16日に逮捕された女優の沢尻エリカ容疑者(33)が「MDMAは数週間前にイベント会場でもらった」と供述していることが18日、分かった。「LSDやコカイン、大麻も使った」と話し、多様な薬物に手を出していたことも判明。一方、出演予定だった来年1月5日スタートのNHK大河ドラマ「麒麟がくる」は出演シーンの撮り直しが決まった。

     警視庁組織犯罪対策5課によると、沢尻容疑者は自宅から見つかったMDMAについて「数週間前にイベント会場でもらった」と供述。その上で「これまでにLSDやコカイン、大麻も使った」と違法薬物の名前を次々と口にした。

     MDMA、LSD、コカイン、大麻――。逮捕歴もある違法薬物に詳しい関係者は「まるでクスリの乱用者のようだけど、実際は覚醒剤を使いたくない人が手を出す“非シャブ系”。そのフルコースを使っている印象だ」と説明した。

     LSDは合成麻薬の一種。「曲がる系」といわれ、主に視覚に強い幻覚作用を及ぼす。MDMAは性行為時の感覚を強める作用がある一方で、幻覚作用と興奮作用を併せ持つ。この関係者は「初めにMDMAを使い、切れたらLSDを使うのが、いわゆる“クラブドラッグ”の王道パターン」と..



    【日時】2019年11月19日 05:30
    【ソース】スポーツニッポン


    【沢尻容疑者“非シャブ系”薬物フルコース「MDMAはイベントで…」「LSDやコカイン、大麻も使った」】の続きを読む

    このページのトップヘ