『VS嵐』エッチ過ぎで親と見られない!女子バレー代表の行為に…


NO.7795949
『VS嵐』エッチ過ぎで親と見られない!女子バレー代表の行為に…
『VS嵐』エッチ過ぎで親と見られない!女子バレー代表の行為に…
9月12日放送の『VS嵐』(フジテレビ系)に、14日から開幕するワールドカップバレーボールに出場する女子日本代表チームが参戦した。

この日出演したのは、荒木絵里香・古賀紗理那・佐藤美弥・新鍋理沙・黒後愛・小幡真子の6選手。

ここに、元バレーボール選手の大林素子、バレーボール経験者の『チュートリアル』徳井義実を加えた計8名で『バレーボール全日本女子チーム』となり、『アンジャッシュ』児嶋一哉と脚本家・三谷幸喜氏を加えた『嵐チーム』と対戦していった。

選手は皆ユニホームで登場したため、袖なしに太もも丸出しの短パン姿と、なかなか露出度の高い格好でゲームに挑戦。

特に、黒後選手と新鍋選手が挑戦した「クリフクライム」では、手足をダイナミックに開いて壁を登る様がアップで映されていった。



【日時】2019年09月16日 10:30
【ソース】まいじつ
【関連掲示板】


【『VS嵐』エッチ過ぎで親と見られない!女子バレー代表の行為に…】の続きを読む