橋下徹氏 「友達が全然いない」…友人の少なさを告白


NO.7770102
橋下徹氏 「友達が全然いない」…友人の少なさを告白
橋下徹氏 「友達が全然いない」…友人の少なさを告白
元大阪市長の橋下徹氏(50)が8日、カンテレ「お笑いワイドショー マルコポロリ! 元大阪市長ぶっちゃけSP」(正午)に出演し、2007年に大阪府知事選に出馬して初めて政界入りした当時を振り返った。

万単位の数のポスターを貼るために橋下氏は「友達がいない」と悩みながらも友人に連絡。

結局、集まった数の少なさに共演者から笑いが起こった。

 橋下氏は府知事選出馬当時を振り返り、堺屋太一氏から事務所に電話があって口説かれたこと、源平合戦から歴史の話が始まり、歴史の転換点には必ず人が必要、「今の大阪が必要としているのは君だ」と出馬を促したという。

さらに、やしきたかじんさん、辛坊治郎キャスター、島田紳助さんも「大阪のために」と後押しした。

 出馬を決断したのは知事選の1カ月前だったという。

橋下氏は「知事選て甘く考えてましてね。大阪府知事選は東京都知事選に次ぐ大型選挙なんです。知事選は700万人が相手で。ポスターも何万枚とはらなければいけない」と大変さを述べた。

「僕、ぜんっぜん友達いないので」とし、とりあえず高校時代、中学時代の同級生に連絡をとり、「事務所に来てくれ、選挙に出よう..



【日時】2019年09月08日 19:37
【ソース】デイリースポーツ


【橋下徹氏 「友達が全然いない」…友人の少なさを告白】の続きを読む