トラック運転手とみられる男性死亡 京急線衝突事故


NO.7760048
トラック運転手とみられる男性死亡 京急線衝突事故
トラック運転手とみられる男性死亡 京急線衝突事故
5日午前、横浜市神奈川区で京浜急行の電車とトラックが衝突しました。けが人が36人出ていて、67歳のトラック運転手とみられる男性が死亡、20代の乗客の女性が重傷、ほか34人が軽傷です。

京浜急行によりますと、午前11時43分に神奈川新町駅と仲木戸駅の間にある踏切で青砥駅発三崎口駅行きの下りの快特電車と果物を運んでいた12トントラックが衝突し、先頭から3両目までの車両が脱線しました。警察などによりますと、トラックは千葉県内の流通会社のもので、このトラックを運転していたとみられる67歳の男性が死亡し、20代の乗客の女性が重傷、このほか、子どもを含む34人が軽傷です。捜査関係者によりますと、現場付近の防犯カメラにはトラックが踏切の近くで切り返しをしていた際にトラックの一部が電車と衝突する様子が映っているということです。この事故の影響で現在、京急川崎駅と上大岡駅間の上下線で運転を見合わせています。



【日時】2019年09月05日 15:19
【ソース】テレ朝news
【関連掲示板】


【トラック運転手とみられる男性死亡 京急線衝突事故】の続きを読む