スーパーの惣菜売り場、「値引きシール」はいつ貼られる?

商品ごとに「加工後○○時間」という消費期限を設定してある。

NO.7729508
スーパーの惣菜売り場、「値引きシール」はいつ貼られる?
スーパーの惣菜売り場、「値引きシール」はいつ貼られる?
お惣菜の値下げシールが貼られる時間を見計らってスーパーを訪れる客は多いはず。お得な気分で買い物を楽しめる反面、シールにはある種の錯覚に陥れる魔力が秘められている。とある店舗の惣菜部門でアルバイトをしていた経験から、値引きシールが貼られる基準と、値引き品を買う場合の注意点をご紹介したい。

  ◇  ◇

仮称「港が見えるスーパー」の惣菜売り場。陽が西に傾いてきた頃、値下げシールを携えた店員が、バックヤードから出てくる。売り場にはすでに、常連のおばちゃんが待ち構えている。これから商品の「見切り」が始まるからだ。

売れ行きの芳しくない商品を指して「売り場から動かない」と表現する。店内で調理加工している惣菜の多くは、消費期限が時間単位で設けられている。動かない商品を売り場に出したままにしていると消費期限が迫ってくるから、動きを促すために値段を下げるのだ。ひとまず20円引きのシールを貼って様子を見る。

「なあ、兄ちゃん、半額にならへんの?」

おばちゃんが店員に声をかける。

「さっきから待ってんねん」

待たれてもなぁ……と店員は困り顔。買うつもりなら、いま買ってくれよ。喉まで出かかった言..



【日時】2019年08月24日
【ソース】デイリースポーツ
【関連掲示板】


【スーパーの惣菜売り場、「値引きシール」はいつ貼られる?】の続きを読む