フランス人発明家 “空飛ぶ装置”でドーバー海峡横断に成功

操縦にはかなりの訓練が必要だそうだ。今の所彼にしかできない。

NO.7670259
フランス人発明家 “空飛ぶ装置”でドーバー海峡横断に成功
フランス人発明家 “空飛ぶ装置”でドーバー海峡横断に成功
小型のジェットエンジンを使って立った状態で宙に浮くことができる装置を発明したフランス人の男性が、フランスとイギリスとの間のドーバー海峡の横断飛行に成功し話題になっています。

フランス人の発明家、フランキー・ザパタさん(40)は4日、「フライボード・エア」と名付けたみずから発明した空を飛ぶ装置で、フランスとイギリスを隔てるドーバー海峡の横断に挑戦しました。

海沿いに設定された台では、多くの観客が見守るなか、黒いヘルメットとスーツに身を包み装置を着けたザパタさんがゆっくりと浮き上がり、その後、前傾姿勢になってイギリスに向かって飛んでいきました。

地元メディアなどによりますと、動力は5つの小型ジェットエンジンで、ザパタさんは燃料を背負って飛び、一度、海の上でボートにおりて燃料を補給したうえで、およそ35キロのドーバー海峡を22分で横断したということです。

観客の1人は「本当にうれしい。彼を誇りに思います」と話していました。

横断後、記者会見を開いたザパタさんは「夢がかないました。非常に感激です」と述べたうえで、支えてくれた家族に感謝したということです。



【日時】2019年08月05日 06:10
【ソース】NHK
【関連掲示板】


【フランス人発明家 “空飛ぶ装置”でドーバー海峡横断に成功】の続きを読む