【死にたい世の中から生きたい世の中に】〜「れいわ新選組」

『れいわ新選組』日本の新しい風になるのか?

NO.7606391
「死にたい世の中から生きたい世の中に」〜「れいわ新選組」
「死にたい世の中から生きたい世の中に」〜「れいわ新選組」
「れいわ新選組」の勢いが止まらない。

7月12日夕方から「れいわ祭り」と銘打った候補者10人全員登場のイベントが、東京・品川駅港南口ロータリーで開催された。

若い人の参加が多い。ロータリーは、周辺の階段や橋の上まで鈴なりの人で数千人が集まった。

7日の安倍首相の中野街宣をはるかに上回っていた。

候補者と応援弁士が次々に話したが、どれも面白く奥が深い。
とみ歩候補は、「人間はサル。サルや動物の幸せはお金ではない。一番価値あることは子どもを守ること。では動物の一員である人間は子どもを守ることができているのか」と問いかける。大西つねき候補は「お金に価値はない。価値をうむのは人間の労働と時間。それなのに労働と時間が軽視され奪われている」。

根源的ところから今の社会のあり方を問う発言が続き、聴衆は引き込まれていった。

たくさんのテレビカメラの砲列があった。

茂木健一郎さんが「これだけカメラが来てるのになんでテレビは報じないんだ?」と山本太郎さんに質問。

太郎さんは「開票日の選挙速報で流れるんですよ」と答える。

嫌みたっぷり。

いま「れいわ」はSNSの反応では全政党でトップになった。

..



【日時】2019年07月14日 00:31
【ソース】レイバーネット
【関連掲示板】


【【死にたい世の中から生きたい世の中に】〜「れいわ新選組」】の続きを読む