旬の気になる話題満載!

まとめサイト『旬の気になる話題満載!』を運営しております。
世間で話題になった旬のニュース、ちょっと気になるニュース、
おもしろ情報など配信していきます。

    木下優樹菜


    木下優樹菜、離婚でシングルマザーになるも「テレビに出る気はさらさらない」


    NO.8108341
    木下優樹菜、離婚でシングルマザーになるも「テレビに出る気はさらさらない」
    木下優樹菜、離婚でシングルマザーになるも「テレビに出る気はさらさらない」
    「予想どおりだった」業界関係者の多くがそう語っていた木下優樹菜・フジモン夫婦の離婚。

    すでに1年以上も前から別居していて、本人たちは直接関係性はないとしていたが、あの『タピオカ騒動』以来、彼らの離婚は時間の問題だと見られていた。

    そんななかで明らかになった離婚だが、所属事務所はすでに木下の芸能活動休止を発表しており、今後の生活がどうなるのか懸念する声も聞かれる。

    今後、復帰するとしても、テレビ出演のハードルはかなり高くなるという。

    「ママタレとして芸能活動するのはもう無理でしょう。後藤真希さんもそうでしたが、支持層のママたちがそっぽを向いてしまいましたから。スポンサーも彼女の起用をよしとしないでしょうし、どんな形であろうとテレビ出演したら叩かれるのははっきりしています」(テレビ局関係者)

    ■元夫・藤本敏史の“金銭的サポート”も
    ところが近年のテレビ界では、『しくじり先生』(テレビ朝日系)や『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)といった、“騒動の当事者をあえて出演させ視聴者の興味をひく”番組もよく見受けられる。



    【日時】2020年01月09日
    【ソース】週刊女性PRIME
    【関連掲示板】


    【木下優樹菜、離婚でシングルマザーになるも「テレビに出る気はさらさらない」】の続きを読む


    木下優樹菜の「たかしあいてる」の相手はサッカー選手の乾貴士だった? 「ゆきな大好き」と縦読みが発覚


    NO.8101056
    木下優樹菜の「たかしあいてる」の相手はサッカー選手の乾貴士だった? 「ゆきな大好き」と縦読みが発覚
    木下優樹菜の「たかしあいてる」の相手はサッカー選手の乾貴士だった? 「ゆきな大好き」と縦読みが発覚
    木下優樹菜がInstagramに「たかし愛してるずーっと?ちゅ」という、縦読みを投稿していたことが発覚した、その相手は誰だと話題になっている。

    そんな「たかし」候補が現れたのだ。

    サッカー選手の乾貴士(いぬいたかし)が過去にInstagramに「ゆきな大好き」と投稿していたことが発覚した。

    木下優樹菜の言っていた「たかし」とは乾貴士だったのか。

    仮に愛してるとしても、ファンとしてなのか、本当に愛しているのか、それにより当時結婚しているフジモンは複雑な心境である。

    こうした文章の一部を縦読み(または横読み)することをアクロスティックという。

    暗号のような意味があり特定の相手に言葉を伝える際に用いる。

    【日時】2020年01月14日
    【提供】ゴゴ通信


    【木下優樹菜の「たかしあいてる」の相手はサッカー選手の乾貴士だった? 「ゆきな大好き」と縦読みが発覚】の続きを読む


    恩人・島田紳助に泣きついた? ピンチ底なし木下優樹菜の「復帰の手だて」


    NO.8094434
    恩人・島田紳助に泣きついた? ピンチ底なし木下優樹菜の「復帰の手だて」
    恩人・島田紳助に泣きついた? ピンチ底なし木下優樹菜の「復帰の手だて」
    昨年大晦日に都内の区役所へ離婚届を提出し、9年4カ月の結婚生活にピリオドを打った木下優樹菜(32)とFUJIWARAの藤本敏史(49)。

    それに先駆ける昨年10月、木下は、姉が勤務するタピオカ店とのトラブルで“恫喝メール”を送ったとして大炎上。

    自身のインスタグラムで謝罪するもバッシングは収まらず、騒動から約1カ月後の11月18日、所属事務所を通じて芸能活動自粛を報告し、表舞台から姿を消していた。

    その後の電撃離婚だったことが火に油を注ぐ格好となり、報道はヒートアップ。

    「2年前からマンション内別居していた」「2人の子供の教育方針で意見の食い違いがあった」「DVとも取られかねない激しい喧嘩をしていた」などさまざまに報じられている。

    ■恩人・島田紳助に泣きついたか
    木下といえば、「クイズ!ヘキサゴン?」での共演を機にフジモンと知り合い、2010年8月にゴールイン。

    司会を務めていた島田紳助(63)は、木下の“おバカタレント”としてのキャラを確立させた言わば立役者だ。

    木下に次々と降り注ぐピンチに、たまらず恩人に泣きつき相談に行ったという噂も囁かれている。

    さるテレビ局関係..



    【日時】2020年01月11日
    【ソース】日刊ゲンダイ
    【関連掲示板】


    【恩人・島田紳助に泣きついた? ピンチ底なし木下優樹菜の「復帰の手だて」】の続きを読む


    木下優樹菜、離婚原因は「たかし」との不倫!? インスタの縦読みに戦慄

    確かにそう勘ぐれる言葉になっている。。文章的にも不自然な綴りが気になる。

    NO.8087774
    木下優樹菜、離婚原因は「たかし」との不倫!? インスタの縦読みに戦慄
    木下優樹菜、離婚原因は「たかし」との不倫!? インスタの縦読みに戦慄
    昨年末にFUJIWARA・藤本敏史との離婚を発表した木下優樹菜。

    一部週刊誌は、子どもの教育方針をめぐる衝突などが原因と報じているが、ネット上では木下の不倫疑惑が浮上している。

    話題となっているのは、昨年7月10日の木下のインタグラム。

    木下は、長女とのツーショット写真と共に、長女へのメッセージと思しき文章を投稿。

    これを“縦読み”すると、なんと「たかしあいしてる」になるというのだ。

    その投稿が以下(改行は原文ママ。


    "たいへんだけど… かわいぃから
    しかたなぃよね<ハート>イーッパイ
    あそびまくって
    いっぱいねて
    しんどいくらい喧嘩してでも、
    てをつないで、寝て
    る<ハート>
    ずーーっと<ハート> この繰り返し


    「喧嘩」が漢字にもかかわらず、「あそびまくって」や「てをつないで」が平仮名である点にも違和感を覚える。

    また、「イーッパイ」「ずーっと<ハート>」が縦読みに入るとすれば、「たかしイーッパイあいしてる ずーっと<ハート>」と解釈するべきかもしれない。

    「木下を担当するヘアスタイリストの名前が偶然にも“たかし”であるため、ネット上ではただならぬ関係を疑う声も。こんな..



    【日時】2020年01月08日
    【ソース】エンタMEGA
    【関連掲示板】


    【木下優樹菜、離婚原因は「たかし」との不倫!? インスタの縦読みに戦慄】の続きを読む


    木下優樹菜に「禊ヌード」報道、スキャンダルを経て「脱ぐ」芸能界の慣習ほんとうか


    NO.8087747
    木下優樹菜に「禊ヌード」報道、スキャンダルを経て「脱ぐ」芸能界の慣習ほんとうか
    木下優樹菜に「禊ヌード」報道、スキャンダルを経て「脱ぐ」芸能界の慣習ほんとうか
    女性芸能人が騒動の当事者になると、必ずと言っていいほど“禊としてのヌード”の可能性をどこかのメディアが報じる。

    昨年の大みそかにお笑いコンビ・FUJIWARAの藤本敏史との離婚を発表した木下優樹菜に対しても、夕刊紙が“禊ヌード”とその価値を予想している。

    木下は昨年10月に「タピオカ店恫喝騒動」を起こして以降、活動自粛中だ。

    記事は7日の「zakzak by夕刊フジ」で、それによると、タピオカ店恫喝騒動と離婚でイメージダウンしてしまった木下優樹菜が芸能界で再び活躍するためには、おしゃれなソフトヌードになる必要があるという。

    出版関係者によると、ギャラは5000万円から1億円の間はかたいそうだ。

    真偽はともかく、このような“禊ヌード”報道は枚挙にいとまがない。

    不倫が発覚した当時の矢口真里やベッキー、所属事務とのトラブルにより独立した西内まりや、TBSとの関係悪化が報じられた宇垣美里アナウンサー……。

    その多くが実際にはヌードにはなっておらず、宇垣アナにいたってはレギュラー出演するラジオ番組で、「(怒りのフルヌードに)なるわけねーし」ときっぱり否定していた。

    しかし一方で、「ヌードになって事態を丸く..



    【日時】2020年01月08日
    【ソース】wezzy
    【関連掲示板】


    【木下優樹菜に「禊ヌード」報道、スキャンダルを経て「脱ぐ」芸能界の慣習ほんとうか】の続きを読む

    このページのトップヘ