旬の気になる話題満載!

まとめサイト『旬の気になる話題満載!』を運営しております。
世間で話題になった旬のニュース、ちょっと気になるニュース、
おもしろ情報など配信していきます。

    坂上忍


    『一生忘れません』坂上忍、因縁の相手・工藤夕貴にブチ切れ

    32年前前の出来事をいつまで根に持ってんだか?。。

    NO.7587834
    坂上忍、因縁の相手・工藤夕貴にブチ切れ「一生忘れません」
    坂上忍、因縁の相手・工藤夕貴にブチ切れ「一生忘れません」
    坂上忍が、5日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)で、ゲストの工藤夕貴に対し本気で激怒する一幕があった。

     この日の「本音でハシゴ酒」ロケ中、次の飲み屋に行く前に「じゃあお疲れさまでした」といきなり言い出した坂上。

    次のゲストについて「簡単に言っちゃうと大嫌いな女優です」とぶっちゃけ、「加害者ってあんまり覚えていない」などと意味深な発言が続いた。

     その因縁の相手が工藤。

    坂上と彼女は32年前、同名の人気アニメを舞台化した作品『タッチ』で共演したというが、その時にされたことに坂上は「一生忘れませんけどね」と根に持つ一方、工藤は「全然思い当たらない」「私、(坂上さんに)何したんですか?」と覚えていない様子。

     ここで坂上の口から確執が語られた。

    それによれば、ある日の公演終わり、「僕の楽屋に来て『あそこの芝居、こうやってください』とダメ出しして去っていった」と告白。

    さらに、子役から活躍していた坂上は、「昨日今日デビューして、いくら芝居が上手いか知らねえけど」「俺の楽屋に来てダメ出しして、そのまま去っていくって、てめぇどういう育ち方してんだ」と激怒。

     この後も2人..



    【日時】2019年07月06日 06:00
    【ソース】RBB Today
    【関連掲示板】


    【『一生忘れません』坂上忍、因縁の相手・工藤夕貴にブチ切れ】の続きを読む


    坂上忍「バイキング」また失態 間違い認めず「人間のクズ」の声

    自分自身の発言に責任を持てないのか?

    NO.7447511
    坂上忍「バイキング」また失態 間違い認めず「人間のクズ」の声
    坂上忍「バイキング」また失態 間違い認めず「人間のクズ」の声
    5月6日に放送された情報番組『バイキング』(フジテレビ系)にて、司会の坂上忍がゲストの名前を間違える“失態”を犯し、ネット上で話題になっている。

    この日は「女優・田中美奈子さんのヤバすぎる私生活を夫・岡田太郎さんが激白!」と題したコーナーが設けられており、スタジオには田中本人がゲストとして出演していた。

    「コーナーを始める際、坂上が『さあ、そんな田中“美佐子”さんのヤバすぎる私生活とは、一体どんなものなのでしょうか』と、いきなり名前を間違えたんです。坂上の隣にいた共演者のブラックマヨネーズ・小杉竜一は、この間違いに気づいたのか慌てた表情を見せ、すぐに坂上の腕をつかんだのですが、すかさず田中本人が『あの、名前が!』と指摘。その後、小杉が『今、“美佐子”さんって……』と坂上の間違いを指摘するも、当の本人は『いや、“美奈子”さんって(言った)』と、自分の間違いを認めようとしませんでした」(芸能ライター) 

    坂上の態度に田中は「(美奈子って)言ってない!」と抗議し、ネット上でも「指摘されても気が付ないとか、司会者失格だよ」「人の名前を間違えておいてすぐに謝れないとか、司会者どころか人間のクズ!」「こんな適当に仕事してて恥ずかしくないのか?」など、批判が噴出した。

    「坂上は、その後も『美佐子さんって言った?』と腑に落ちない様子を見せ、台本を閉じて『もう、僕ちょっと帰る……』と、スタジオから出て行く素振りを見せました。その後、『田中“美奈子”さんのヤバすぎる私生活とは、一体なんなんでしょうか!』と改めて言い直すも、名前を間違えたことについてカメラの前で謝罪はなく、何事もなかったかのように番組が進行していました」(同) 

    同番組の司会者でありながら、度々番組中の“失言”が批判を浴びる坂上。

    今回の件でも、視聴者からは「本当に帰ればよかったのに。坂上がいなくても問題ナシ」「自分が名前間違えられたら相当キレそうなのに、自分が間違ったときは謝りもしないとか……」「他人の失敗はしつこいくらいに追及するのに、自分の間違いは笑って誤魔化すとか最低」と、呆れた声がネット上に多数投稿されていた。

    一時は同時間帯に放送されている番組の中で、トップの視聴率を誇っていた『バイキング』だが、最近は日本テレビ系の『ヒルナンデス!』に負けることも多い。

    司会者という立場上、坂上が自身の発言に責任を持たない限り、番組の低迷は続きそうだ。
    【日時】2019年05月07日 19:37
    【提供】サイゾーウーマン


    【坂上忍「バイキング」また失態 間違い認めず「人間のクズ」の声】の続きを読む


    「坂上忍アレルギー」が深刻化 「バイキンク」゙が「ヒルナンデス」に2カ月間全敗

    過去、飲酒運転で逮捕歴のある坂上のコメンテーターとしての立ち位置は如何なものか?

    NO.7434971
    「坂上忍アレルギー」が深刻化 「バイキンク」゙が「ヒルナンデス」に2カ月間全敗
    「坂上忍アレルギー」が深刻化 「バイキンク」゙が「ヒルナンデス」に2カ月間全敗
    視聴者の「坂上アレルギー」が深刻化しているようだ。

    2014年4月に放送スタートとなった『バイキング』(フジテレビ系)。

    当初は苦戦を強いられたが、15年3月末から坂上忍がMCに起用されると、徐々に視聴率も上昇。

    16年4月から、「生ホンネトークバラエティ」と称し、坂上と出演者による討論形式に移行すると、視聴率もグングン上がり、昨年3月21日には番組史上最高視聴率8.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。

    水卜麻美アナの抜けた『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)を大きく引き離していたものだった。

    ところが――。

    「この2カ月間、『バイキング』の視聴率は4〜5%台をウロウロ。6〜7%台の『ヒルナンデス!』に全敗しているんです。悪人擁護、弱いもの叩きが目立ち、時にいじめのような物言いが視聴者の反発を食らっています。潮目が変わったのは2月に新井浩文被告が逮捕された件。坂上は『今の時代、本当に女性関係はダメです』と、新井被告の犯行を“時代のせい”にしたことが『擁護』と受け取られ、大バッシングを受けた。さらに、違法薬物で逮捕されたピエール瀧や瀧の“相方”石野卓球の言動に繰り返し苦言を呈するさまが話題となり、SNSでは坂上批判が吹き荒れている。レギュラー出演者の小木博明まで『バイキングもすごい叩かれてるじゃないですか』と指摘し、坂上への向かい風に言及したほどです」(芸能記者)

    そんな坂上に辟易しているのは視聴者だけではなく、共演者も同じ。

    「昨年9月には番組で坂上の意に沿わぬ発言をしていた小籔千豊が、今年3月には、好感度No,1芸人のサンドウィッチマンとタレントのYOUが卒業しています。『バイキング』のギャラは10万円程度ですから、それでイメージダウンさせられるのは割に合わないと思ったのでしょうね。明石家さんまも坂上について『司会者として下手』とダメ出ししています」(同)

    溺れている犬を棒で叩く姿勢が視聴者の「坂上アレルギー」となっているようだが、一方で、暴行被害を受けたNGT48・山口真帆が卒業した際には映像だけでスルー。

    すぐに『AAA』浦田直也容疑者の暴行事件へと話題が切り替わり、こちらは時間をかけてみっちり取り上げている。

    視聴者感覚とこれだけかけ離れているのであれば、低視聴率となったのも当然か。
    【日時】2019年05月02日 10:00
    【提供】日刊サイゾー


    【「坂上忍アレルギー」が深刻化 「バイキンク」゙が「ヒルナンデス」に2カ月間全敗】の続きを読む

    このページのトップヘ