旬の気になる話題満載!

まとめサイト『旬の気になる話題満載!』を運営しております。
世間で話題になった旬のニュース、ちょっと気になるニュース、
おもしろ情報など配信していきます。

    NHK


    NHK受信料「国会議員不払いなら大阪市も払わない」大阪市長


    NO.7653071
    NHK受信料「国会議員不払いなら大阪市も払わない」大阪市長
    NHK受信料「国会議員不払いなら大阪市も払わない」大阪市長
    参院で初議席を得た「NHKから国民を守る党」(N国党)と無所属の渡辺喜美・元行政改革担当相が新会派を結成したことに絡み、日本維新の会を率いる松井一郎・大阪市長は30日、市役所で記者団を前に「NHKが現職国会議員の受信料不払いを認めるなら、大阪市もやめさせてもらう」と語った。

    放送のスクランブル化などを主張しているN国党をめぐっては、維新を除名された丸山穂高衆院議員が入党することで合意。

    同じく維新を除名となった渡辺氏が30日、N国党側と会派を組むことを発表した。

    こうした動きを踏まえ、松井氏は「現職議員でごねて(受信料を)払わないと表明している。

    それを(NHKが)見て見ぬふりをし、おとがめなしで通るなら、一般の人はばからしくて受信料払われへん」と不快感を示した上で、N国党側の不払い方針にNHKが見解を表明し、徴収手続きに入らないのであれば、大阪市としても今後は受信料を支払わないと明言した。

    維新は参院選のマニフェストでNHK改革を掲げ、公共性の高い分野の無料化や、一部スクランブル化を主張している。



    【日時】2019年07月30日 17:25
    【ソース】産経デジタル
    【関連掲示板】


    【NHK受信料「国会議員不払いなら大阪市も払わない」大阪市長】の続きを読む


    NHKは受信料を廃止して税金で運営すべき理由


    NO.7640899
    NHKは受信料を廃止して税金で運営すべき理由
    NHKは受信料を廃止して税金で運営すべき理由
    ■NHK受信料は逆進的で非効率

    所得税は、累進課税だ。

    所得が多い人は税率が高くなるので、所得が2倍に増えると納税額がそれ以上に膨れ上がる可能性がある。

    それに対し、消費税は原則として消費額に比例するので、消費額が2倍に増えれば2倍だ。

    これは所得税と比較すれば「金持ち優遇」になるため、逆進性があるといわれることもある。

    これに対し、NHKの受信料は、所得にも消費額にも関係なく、全員同額である。

    テレビ(テレビ受信機のみならず、ワンセグ対応スマホ等も含む、以下同様)を持たない人を別とすれば、大多数の国民が同額の受信料を払わされる。

    これは真に逆進的だといえるだろう。

    しかも、非効率である。

    誰がテレビを持っているかを調べ、個別に受信料を請求し、入金を確認し、未入金ならさらに請求する手間がかかる。

    というわけで、公共放送が必要なのであれば、受信料ではなく税金で賄うべきだと筆者は考える。

    もっとも、本当に公共放送が必要であればの話なので、ここからそもそも公共放送は必要かはその必要性について考えてみたい。

    ■そもそも公共放送は必要か

    えば、障害者向けの番組等々は、民放..



    【日時】2019年07月26日 05:20
    【ソース】DIAMOND Online
    【関連掲示板】


    【NHKは受信料を廃止して税金で運営すべき理由】の続きを読む


    石田総務相「NHKスクランブル化は放送制度を崩しかねない」


    NO.7633589
    石田総務相「NHKスクランブル化は放送制度を崩しかねない」
    石田総務相「NHKスクランブル化は放送制度を崩しかねない」
    21日投開票の参院選でNHKの放送を契約者だけが見られるようにする「スクランブル化」を主張する「NHKから国民を守る党」が議席を獲得し、政党要件も満たしたことについて、石田真敏総務相は23日の閣議後の記者会見で、「NHKの基本的な性格を根本的に変えて、(公共放送と民間事業者の)二元体制を崩しかねない」と述べ、受信料制度の見直しに否定的な考えを示した。

    石田氏は「NHKには、災害報道や政見放送など、公共放送の社会的な使命を果たすことが求められる中で、その財源を国民から広く公平に負担いただいている」と受信料制度の趣旨を説明。

    「二元体制は、国会で全会一致でNHK予算が承認されるなど、これまで日本に定着してきた」と強調した。



    【日時】2019年07月23日 12:06
    【ソース】産経新聞
    【関連掲示板】


    【石田総務相「NHKスクランブル化は放送制度を崩しかねない」】の続きを読む


    『NHKぶっ壊す』で初議席=スクランブル放送訴え【19参院選】

    悲願の当選!立花孝志さん

    NO.7630712
    「NHKぶっ壊す」で初議席=スクランブル放送訴え【19参院選】
    「NHKぶっ壊す」で初議席=スクランブル放送訴え【19参院選】
    国政選挙に初めて挑んだ政治団体「NHKから国民を守る党」は比例代表で念願の1議席を獲得した。

    当選を決めた立花孝志代表は22日午前4時すぎに記者会見し、「NHKをぶっ壊す。勝ったぞ」と宣言した。

    受信料を支払わなければ視聴できないスクランブル放送の実現を訴えており、国会でもこうした主張を強める考えだ。

    立花氏は「NHK職員の皆さんに、投票していただいた方々の思いをしっかりと愛情を込めて、時には叱りつけながら伝えていければと思う」と決意表明。神妙な表情で「われわれは決してNHKのことが憎いとか、そんなことでは全くない」とも語った。



    【日時】2019年07月22日 05:27
    【ソース】時事通信
    【関連掲示板】


    【『NHKぶっ壊す』で初議席=スクランブル放送訴え【19参院選】】の続きを読む


    NHK、過去最高額『7332億円の収入』に問う受信料の存在意義

    あの手この手で国民から高額な受信料徴収を徹底するNHK、真に「公共」のために使われているのか。国民の厳しい視線が自らに向けられていることを自覚すべき

    NO.7593614
    NHK、過去最高額「7332億円の収入」に問う受信料の存在意義
    NHK、過去最高額「7332億円の収入」に問う受信料の存在意義
    NHKがますます肥大化していることをご存知だろうか。

    今年5月の決算発表では、事業収入が5年連続の増収となり、2018年度は過去最高額の7332億円に達したことが明らかになった。

    『ブラタモリ』を学者たちが「奇跡の番組」と絶賛する理由

    さらに5月末には、テレビ放送とインターネットの常時同時配信を可能にする改正放送法が成立。現時点では「ネット配信は放送ではない」とし、受信料請求はしないとしているものの、かつてNHKの有識者会議は「ネット経由の視聴者を対象とする課金システムをテレビ契約とは別に設ける」との方針を提示していた。

    つまり、パソコンからもスマートフォンからも受信料を取ろうとしていたのである。今後いつ、この方針が復活するか予断を許さない。

    こうしたことを前提に、NHKに厳しい視線を向けるある総務省関係者も批判の声を上げ始めた。

    「国も変だが、裁判所もおかしい。今回の法改正でNHKが将来的に受信料収益を増やすのは間違いないし、いま業績が絶好調なのは司法のおかげだ」

    裁判所は、受信料をめぐる訴訟において、NHKに有利な判決を下すケースが多い。折しも決算発表の翌日には、自宅にテレビを持たない女性が自..



    【日時】2019年07月09日 08:01
    【ソース】現代ビジネス


    【NHK、過去最高額『7332億円の収入』に問う受信料の存在意義】の続きを読む

    このページのトップヘ