「ペイペイ」「LINEペイ」「楽天ペイ」使って分かったデメリット

デジタルマネーは、利点もあるが、まだまだ使い勝手に不満があるようだ。

NO.7429947
「ペイペイ」「LINEペイ」「楽天ペイ」使って分かったデメリット
「ペイペイ」「LINEペイ」「楽天ペイ」使って分かったデメリット
政府は、2025年までにキャッシュレス決済を現在の20%程度から40%にまで高め、将来は8割にするという壮大な目標を掲げている。

その中核をなすと見られるQRコード決済が乱立している状況は、ご存じのとおり。

背景には顧客を囲い込んで購買履歴を記録し、自社のマーケティング戦略に利用したい企業側の狙いがあると、消費生活ジャーナリストの岩田昭男氏は言う。

「将来的には顧客から収集した個人情報のビッグデータが、企業間で共有されることもないとは言い切れません。情報漏洩のリスクも考えると、現金にくらべてキャッシュレスは圧倒的にデメリットが大きいです」

とはいえ、スマホによるキャッシュレス決済も簡便で使い勝手がよいなら、無下に避ける必要もないだろう。

そこで20代の本誌(「週刊新潮」)女性記者に、ペイペイ、LINEペイ、楽天ペイの三つに登録し、使ってもらった。最初にペイペイだが、

「スマホにアプリをダウンロードすると、電話番号とパスワードの入力を求められます。入力すると4桁の数字が記されたショートメッセージが届いたので、アプリに戻ってこれを入力。ひとまずペイペイのアカウント作成が完了し、初回特典として500円..



【日時】2019年04月30日 08:01
【ソース】デイリー新潮


【「ペイペイ」「LINEペイ」「楽天ペイ」使って分かったデメリット】の続きを読む