ホリエモンロケット、バルブの不具合で打ち上げを夕方に延期

三度めの正直となるか!?

NO.7430075
ホリエモンロケット、バルブの不具合で打ち上げを夕方に延期
ホリエモンロケット、バルブの不具合で打ち上げを夕方に延期
元ライブドア社長で実業家の堀江貴文さんが出資する宇宙ベンチャー、インターステラテクノロジズ(IST)は30日、北海道大樹町で同日昼ごろに予定していた小型ロケット「MOMO(モモ)」3号機の打ち上げを、30日夕方(午後4時〜5時20分)以降に延期すると発表した。

燃料を注入中に、バルブに不具合が見つかったため、という。

不具合が見つかったのは、ロケットに燃料の一部である液体酸素を注入する「極低温バルブ」。

機体やバルブから液体酸素を取りのぞき、点検を始めるという。

MOMO3号機は、全長9・9メートル、直径50センチ、重さ1150キロの液体燃料ロケット。

過去2回の打ち上げには失敗しており、3号機で民間単独のロケットとして国内初めて高度100キロの宇宙空間の到達をめざしている。



【日時】2019年04月30日 10:18
【ソース】朝日新聞


【ホリエモンロケット、バルブの不具合で打ち上げを夕方に延期】の続きを読む