中高年ひきこもり61万人 初の全国調査、若年層上回る

ひきこもりの定義には、半年間に家族以外との会話がほぼなかったとわかる人。って凄いな!

NO.7360457
中高年ひきこもり61万人 初の全国調査、若年層上回る
中高年ひきこもり61万人 初の全国調査、若年層上回る
 40〜64歳のひきこもり状態の人が全国に61・3万人いる。内閣府は29日、そんな推計を公表した。

「中高年ひきこもり」の全国規模の数が明らかになるのは初めて。従来ひきこもりは青少年・若年期の問題と考えられてきたが、その長期化・高年齢化が課題となる状況が浮き彫りとなった。

 内閣府が2015年度に実施した調査で、15〜39歳の「若年ひきこもり」は54・1万人と推計された。

今回、40〜64歳の「中高年のひきこもり」について国レベルで初の調査を実施。調査方法の一部変更があったため単純比較はできないが、その結果に基づく推計数は、若年層を上回った。

 分析にあたった内閣府の北風幸一参事官は「想像していた以上に多い。ひきこもりは決して若者特有の現象ではないことがわかった」と述べた。

 今回の推計は、ひきこもる中高年の子と高齢の親が孤立する「8050(はちまるごーまる)問題」が、特殊な例ではないことを示すものといえる。

また、「就職氷河期世代」(おおむね現在の30代後半〜40代後半)の多くが40代に達したため、中高年のひきこもりが増えているとの指摘もある。

 調査時期や手法の違..



【日時】2019年03月29日 10:00
【ソース】朝日新聞デジタル


【中高年ひきこもり61万人 初の全国調査、若年層上回る】の続きを読む