『東京マラソン表彰式で小池都知事』ポケットに手…態度に批判も

メディアの前では、きちんとしてないと叩かれる。。それがネット社会

NO.7304479
東京マラソン表彰式で小池都知事ポケットに手…態度に批判も
東京マラソン表彰式で小池都知事ポケットに手…態度に批判も
東京都の小池百合子都知事(66)が3日、開催された東京マラソン表彰式の際、ポケットに手を入れていた態度がいかがなものかと、インターネット上で批判の声が上がっている。

この日の都内の天気予報は、最低気温6度、最高気温8度で、雨が降る肌寒い気候だった。

その中、小池都知事は2時間4分48秒で優勝したビルハヌ・レゲセ(エチオピア)が表彰される横で、寒かったからか両手を上着のポケットに入れていた。

さらにレゲセが雨が降る中、傘もなく立っていたにもかかわらず、同知事は着物姿の女性に背後から傘をさしてもらい、ぬれない状況で、それが日本テレビの生中継にも映っていた。

ツイッターでは、生中継を見た視聴者や、実際に表彰式会場にいた観客からとみられる、批判が相次いだ。

「完走直後の優勝選手が雨にぬれて立っているのに、自分は傘をささせ、両手をポケットに入れるのか?」「ポケットに手を入れているだけでなく、握手も心がこもっているように見えなかった」「最後は拍手していたが、素晴らしかった大会が知事の態度で興ざめした」「主催者がそんな態度なら、辞めてしまっても良い」また小池都知事が、20年東京オリンピックに向けて「..



【日時】2019年03月03日 16:01
【ソース】日刊スポーツ


【『東京マラソン表彰式で小池都知事』ポケットに手…態度に批判も】の続きを読む