『ステルス戦闘機』韓国も3月には保有国に! 2021年までに40基

北朝鮮の核やミサイル基地、移動式ミサイル発射車両などを攻撃するなど非常に重要な戦力となるステルス戦闘機。北朝鮮は、「反民族的犯罪行為」として強く非難するなど、非常に神経質な反応を示しているようだ。

NO.7193682
韓国も3月には「ステルス戦闘機」保有国に! 2021年までに40機
韓国も3月には「ステルス戦闘機」保有国に! 2021年までに40機
・米国から購入したF35A 6機のうち2機が国内到着 
・レーダーに探知されず“戦略標的”打撃が可能 
・「2021年までに発注した40機、すべて入り戦力化」

韓国空軍が米国から購入したステルス戦闘機F35A 2機が、早ければ3月末にも韓国に入ってくる。

韓国もついに先端空軍戦力の象徴であるステルス戦闘機を保有する国になるわけだ。

国防部関係者は13日「韓国空軍が昨年末までに米国から購入したF35A 6機のうち2機が早ければ3月末にも韓国に到着する」として「その後、戦力化の過程を経て4〜5月には実践配備される予定」と話した。

韓国政府が注文したF35A 40機のうち1号機は昨年3月、米国テキサス州フォートワースのロッキード・マーティン工場から出庫された。

今後5機がさらに出庫され、計6機が昨年末までに順次米国アリゾナ州のルーク空軍基地で韓国空軍に引き渡された。

F35Aは最高速力マッハ1.8、戦闘の行動半径は1093キロメートルに達する。

空対空ミサイルと統合直撃弾(JDAM)、小口径精密誘導爆弾(SDB)などを搭載する。

レーダーに探知されず、戦略標的を打撃できる核心戦力に挙げられる。

空軍関係者は「F35Aは、3月以後にほとんど毎月..



【日時】2019年01月13日 22:27
【ソース】ハンギョレ新聞
【関連掲示板】


【『ステルス戦闘機』韓国も3月には保有国に! 2021年までに40基】の続きを読む