旬の気になる話題満載!

まとめサイト『旬の気になる話題満載!』を運営しております。
世間で話題になった旬のニュース、ちょっと気になるニュース、
おもしろ情報など配信していきます。

    輸出


    韓国、半導体洗浄用フッ化水素の九割を日本に依存のお得意様


    NO.7336003
    韓国、半導体洗浄用フッ化水素の九割を日本に依存のお得意様
    韓国、半導体洗浄用フッ化水素の九割を日本に依存のお得意様
    日本の自民党は強制徴用被害者賠償判決に対する報復措置として関税引き上げ、送金・ビザ発給停止、フッ化水素など必須素材の輸出中断を取り上げている。

    フッ化水素は半導体ウエハーの洗浄とエッチング工程に使われる素材だ。

    日本企業は高純度フッ化水素の生産を事実上独占しており韓国を圧迫する強力な脅威手段だ。

    逆に見れば韓国と日本経済がどれだけ密接に絡まっているのかを見せる事例でもある。

    高純度半導体用フッ化水素はステラケミファ、森田化学工業など日本企業が世界需要の90%以上を生産している。

    フッ化水素を生産し管理してきた歴史は100年以上だ。

    サムスン電子とSKハイニックスも必要量の大部分を日本から輸入している。

    ソルブレーンなど韓国企業もフッ化水素を生産しているが低純度フッ化水素だけ作っていたり日本製低純度フッ化水素を輸入し純度を高めて販売する2次工程を担当している。

    韓国の半導体企業は東京エレクトロンやファナックなど日本の半導体製造装備と産業用ロボット企業から核心装備を供給されている。

    韓国と日本はITを中心に化学と素材分野で密接に連携されている。

    韓国は昨年、輸入半導..



    【日時】2019年03月18日 09:40
    【ソース】中央日報
    【関連掲示板】


    【韓国、半導体洗浄用フッ化水素の九割を日本に依存のお得意様】の続きを読む


    オーストラリアの自動車事情!実は日本車がとても人気だった

    オーストラリアは国土が広い、自動車による走行距離が長い国とされ地方に行けば未舗装も多く、安全性や信頼性が求められるのです。その為、日本車メーカーの安全性・信頼性は高く評価。安全性・信頼性を損なえば、独走から一転する可能性もあると指摘。

    NO.7186879
    オーストラリアの自動車事情!実は日本車がとても人気だった
    オーストラリアの自動車事情!実は日本車がとても人気だった
    ■オーストラリアの自動車事情
    南半球にある大国と言えば、オーストラリアを思い浮かべるのではないでしょうか。

    観光先・留学先として人気のあるオーストラリアだけに、訪れたことがある方もいるのではないでしょうか。

    そんなオーストラリアの自動車事情なのですが、実は日本車がとても人気です。

    実際に、オーストラリアでは、多くの日本車が走っています。

    そこで今回は、なぜオーストラリアでは日本車が人気なのかを紹介していきます。

    ■本当にオーストラリアでは日本車が人気なの?
    オーストラリアで本当に日本車が人気なのか、疑問に思う方もいるのではないでしょうか。

    これについては、オーストラリアの自動車のシェアから理解することができます。

    第1位は、トヨタで全体の約18%を占めており、さらに第2位のマツダが約10%を占めています。

    つまり、日本車メーカーであるトヨタ・マツダの2社だけで、30%弱のシェア率を誇っているのです。

    他にも、日本車メーカーとして日産やホンダ、三菱、スズキなどもオーストラリア市場に参入しており、いかに日本車のシェア率が高いかがわかり、高い人気を誇っているのかがわかるのです。

    ■オーストラリアで日本車が人気の理由!
    <完全な自動車輸入国>
    オーストラリアで日本車が人気の理由として挙げられるのが、オーストラリアは完全自動車輸入国であることです。

    通常、海外で自動車を販売する場合、現地メーカーとの競合になります。

    しかし現在、オーストラリアでは自前で自動車を製造しているメーカーはありません。

    かつては、GM(ゼネラルモーターズ)の傘下であるホールデンという自動車メーカーがオーストラリア国内で製造していたのですが、2017年に工場を閉鎖して輸入に切り替えています。

    これにより、完全な自動車輸入国になったオーストラリアでは、どの自動車メーカーも立ち位置が同じです。

    そのため、純粋な勝負をすることができ、高い人気を勝ち取っているのです。

    <求められる安全性・信頼性>
    オーストラリアで自動車に求められるのは、安全性や信頼性が挙げられます。

    なぜなら、オーストラリアは広大な国土を誇っており、自動車による走行距離が長い国とされています。

    しかも、地方に行けば未舗装も多く、安全性や信頼性が求められるのです。

    その点、日本車は安全性・信頼性が高いと評価されています。

    そのため、オーストラリア人のニーズに合った日本車は、高い人気を誇っているのです。

    ■なぜトヨタが人気なの?
    オーストラリアでトヨタが人気の理由は、信頼を築いてきたからです。

    実は、トヨタは1963年にオーストラリアで工場の操業をしており、2017年に閉鎖されるまで現地生産をしていました。

    このように、古くからトヨタはオーストラリアに進出しており、信頼性を勝ち取って人気を維持しているのです。

    また、現地のニーズに合っている車種をラインナップしているのも人気の理由となっています。

    オーストラリアでは、トヨタの「ハイラックス」が人気です。

    厳しい気候や未舗装道路などでも信頼できる車種であり、現地のニーズにピッタリとなっているのです。

    ■今後もオーストラリアでは日本車が独走か?
    オーストラリアでは日本車人気が高いわけですが、このまま日本車メーカーの独走の可能性は高いです。

    なぜなら、オーストラリアの自動車市場には、約60もの世界の自動車メーカーが参入しています。

    しかし、その中で日本車メーカーは不動の地位を築いています。

    それだけ、日本車メーカーの安全性・信頼性は高く評価されているのです。

    そのため、めったなことでは日本車メーカーの独走は揺るがないでしょう。

    逆に言えば、日本車メーカーは安全性・信頼性を損ねるようなことは禁物です。

    安全性・信頼性を損なえば、独走から一転する可能性があるのです。
    【日時】2019年01月10日
    【提供】YAZIUP
    【関連掲示板】


    【オーストラリアの自動車事情!実は日本車がとても人気だった】の続きを読む

    このページのトップヘ