『天体ショー』ふたご座流星群極大へ -冬の星空を見上げてみよう-


現し、12月14日前後に極大を迎える。しぶんぎ座流星群、ペルセウス座流星群と並んで、年間三大流星群の1つ。 ふたご座流星群の母天体は長らく謎だった。 1983年に、NASAが打ち上げた赤外線天文衛星IRASによって、ふたご座流星群に酷似した軌道を持つ小惑星・(3200)ファエトンが発見され、現在で
4キロバイト (618 語) - 2018年12月13日 (木) 01:05



(出典 www.ghfutsal.jp)


多くの流星を見ることができるのは、13日(木)の夜、14日(金)の夜の2夜。晴れていれば15日(土)も可能。望遠鏡や双眼鏡は全く必要なく、肉眼で観察できるようですから。。寒いですけど是非、冬の天体ショーをご覧になっては如何ですか?

【『天体ショー』ふたご座流星群極大へ -冬の星空を見上げてみよう-】の続きを読む