旬の気になる話題満載!

まとめサイト『旬の気になる話題満載!』を運営しております。
世間で話題になった旬のニュース、ちょっと気になるニュース、
おもしろ情報など配信していきます。

    即位


    小室圭 秋篠宮家の信頼低下、愛子天皇待望論浮上の事態

    秋篠宮家の信頼低下を受け、愛子天皇待望論に拍車がかかる。

    NO.7394621
    小室圭 秋篠宮家の信頼低下、愛子天皇待望論浮上の事態
    小室圭 秋篠宮家の信頼低下、愛子天皇待望論浮上の事態
    政府が1997〜2004年、皇位継承資格者を女性皇族に拡大できるかどうかについて、極秘の検討会を開いていたという3月28日付け共同通信のスクープが、にわかに注目を浴びている。

    共同通信の報道によれば、04年春の政府の内部文書には、女性・女系天皇を認める皇室典範の早期改正方針が記されていたという。

    05年に小泉純一郎首相(当時)が設置した有識者会議の結論を受け、小泉氏は典範改正に乗り出そうとしたが、秋篠宮家に06年、長男・悠仁さまが生まれたことで、この動きは立ち消えとなったという。

    しかし、皇太子さまが天皇に即位された後は、継承資格者は秋篠宮さまと悠仁さまのみで、皇位継承は不安定のままだ。

    小泉政権後、一時は断念された「女性天皇案」だが、旧民主党政権下の野田佳彦内閣で再浮上する。

    野田政権では、皇室典範の見直しに向けた論点をまとめている。

    女性皇族が結婚後も皇籍にとどまる「女性宮家」創設案と、結婚して皇籍を離れても新たな称号を使うなどして皇室活動を続ける2案を併記した。

    しかし、その後の政権交代により、安倍晋三首相は「慎重に議論するべきもの」と語り、女性宮家の議論は棚上げされたままとなってい..



    【日時】2019年04月13日 00:00
    【ソース】Business Journal


    【小室圭 秋篠宮家の信頼低下、愛子天皇待望論浮上の事態】の続きを読む


    天皇即位パレードのオープンカーに8000万 国産メーカーを購入する方針

    天皇即位パレードに8000万とは驚きです。
    国民の税金からするとより良い使い道を考えるべき!


    NO.7148324
    天皇即位パレードのオープンカーに8000万 国産メーカーを購入する方針
    天皇即位パレードのオープンカーに8000万 国産メーカーを購入する方針
    政府は21日、来年の皇位継承儀式の一環として来年10月22日に行うパレード「祝賀御列の儀」で使う車の調達経費について、総額8000万円に上る見通しを明らかにした。

    国産メーカーから新たに購入する方針で、今年度第2次補正予算案に設計費などとして1400万円、来年度予算案に製造・購入費などで6600万円をそれぞれ計上する。

    車については、11月の式典委員会で、安全・環境性能に優れたオープンカーとすることを決めていた。

    オープンカーではない車種を改造する可能性があるほか、天皇旗や菊の紋章の取り付けなど通常とは異なる変更が必要なため、設計から製造も含めて計上する。

    昭和から平成に代替わりした際の1990年11月の祝賀御列の儀の際は、90年度予算に諸経費を含め4700万円を計上し、英ロールスロイス社製のオープンカーを購入した。

    このオープンカーは93年6月の皇太子ご夫妻の結婚パレードでも使われたが、老朽化が進み、07年に廃車になっていた。

    今回購入する車は、20年東京五輪・パラリンピック後のパレードで活用することも検討する。



    【日時】2018年12月21日 10:33
    【ソース】毎日新聞
    【関連掲示板】


    【天皇即位パレードのオープンカーに8000万 国産メーカーを購入する方針】の続きを読む

    このページのトップヘ