旬の気になる話題満載!

まとめサイト『旬の気になる話題満載!』を運営しております。
世間で話題になった旬のニュース、ちょっと気になるニュース、
おもしろ情報など配信していきます。

    北朝鮮


    北朝鮮が飛翔体を発射と韓国軍

    結局、元の北朝鮮に戻た。。何がしたいのか?

    NO.7451153
    北朝鮮が飛翔体を発射と韓国軍
    北朝鮮が飛翔体を発射と韓国軍
    9日午後4時半ごろ、北朝鮮が北西部の平安北道付近から飛翔体を東に向けて発射したと、韓国軍が先ほど発表した。

    弾道ミサイルかどうかも含め韓国軍は確認を進めている。

    北朝鮮は4日にも複数の飛翔体を発射しており、これについてアメリカは「ミサイルとロケットだった」という分析を明らかにしている。



    【日時】2019年05月09日 17:05
    【ソース】AbemaTIMES
    【関連掲示板】


    【北朝鮮が飛翔体を発射と韓国軍】の続きを読む


    北朝鮮 短距離発射体、数発発射 韓国メディア「弾道ミサイルではない」

    「その気になれば造れない兵器はない」トランプ政権を揺さぶる

    NO.7439757
    北朝鮮 短距離発射体、数発発射 韓国メディア「弾道ミサイルではない」
    北朝鮮 短距離発射体、数発発射 韓国メディア「弾道ミサイルではない」
    北朝鮮は4日朝、日本海に面した東部の元山から東の海上に向け、短距離発射体数発を発射した。

    韓国軍によると、北朝鮮は4日午前9時過ぎから午前9時半ごろにかけ、日本海に面した東部の元山から北東に向け短距離発射体、数発を発射した。

    発射体は約70キロから200キロ飛行し、日本海に落下したという。

    韓国軍は当初、短距離ミサイルと発表したがその後、「発射体」へと修正した。

    韓国メディアは軍関係者を引用し、「発射されたのは弾道ミサイルではない」と伝えている。

    北朝鮮の金正恩委員長は先月、約5か月ぶりに新型誘導兵器の射撃実験を視察していて「その気になれば造れない兵器はない」と述べていた。

    2回目の米朝首脳会談が物別れに終わった後、金委員長は「自分の要求だけを押しつける」とアメリカへの不満を示していて、非核化の方法をめぐり米朝の溝が埋まらない中、今回の発射はトランプ政権を揺さぶる狙いがありそうだ。

    一方、アメリカのホワイトハウスは「北朝鮮の行動を認識している。我々は必要に応じて監視を続ける」との声明を出した。



    【日時】2019年05月04日 12:49
    【ソース】日テレNEWS24


    【北朝鮮 短距離発射体、数発発射 韓国メディア「弾道ミサイルではない」】の続きを読む


    金正恩氏、日本人拉致と対話言及「いずれ安倍首相と会う」


    NO.7442854
    金正恩氏、日本人拉致と対話言及「いずれ安倍首相と会う」
    金正恩氏、日本人拉致と対話言及「いずれ安倍首相と会う」
    北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が2月末にベトナムで開かれた米朝首脳再会談で、拉致問題に言及していたことが分かった。

    「日朝間の懸案として日本人拉致問題があるのは分かっている。いずれ安倍晋三首相とも会う」とトランプ米大統領に語っていた。

    トランプ氏はこのやりとりを首相に伝えている。

    複数の日本政府関係者が5日、明らかにした。

    米朝再会談時の金氏の拉致問題に直接触れた発言が確認されたのは初めて。

    ただ金氏が問題解決に意欲を持っているかどうかは明らかになっていない。

    首相は金氏の真意を探ると同時に、日朝首脳会談の無条件開催に向けた調整を進める方針だ。



    【日時】2019年05月05日 21:13
    【ソース】共同通信


    【金正恩氏、日本人拉致と対話言及「いずれ安倍首相と会う」】の続きを読む


    北朝鮮の4割深刻な食料不足 数百万人が飢餓の恐れ 国連発表

    指導者が変わらない限り北朝鮮の食料不足は解決できない。

    NO.7443824
    北朝鮮の4割深刻な食料不足 数百万人が飢餓の恐れ 国連発表
    北朝鮮の4割深刻な食料不足 数百万人が飢餓の恐れ 国連発表
    北朝鮮で早ければ数カ月後に数百万人が飢餓状態に陥る恐れがあることが分かった。

    国連世界食糧計画(WFP)が3日、スイスの国連ヨーロッパ本部で記者会見し、調査結果を発表した。

    調査は今年3月から4月にかけて北朝鮮の農村部を視察し、政府高官や市民に話を聴取するなどして実施。

    それによると、昨年の農産物収穫量は猛暑や洪水のため490万トンと過去10年で最低水準に落ち込んだ。

    その結果、国民1人当たりの1日の穀物配給量は、昨年1月は380グラムだったのに対し、今年1月には300グラムまで減少。

    人口約2520万人の4割に当たる1010万人が食料不足に苦しんでいるとして、国際社会の支援を呼びかけている。

    記者会見では「核兵器開発に資金を費やしている北朝鮮を支援する必要があるのか」といった質問が相次いだが、WFPのベルゼル報道官は「政治的ではなく、人道的な観点から行動すべきだ。今後数カ月から数年の間には飢饉に陥るかもしれない」と強調した。



    【日時】2019年05月04日 14:50
    【ソース】日刊ゲンダイ


    【北朝鮮の4割深刻な食料不足 数百万人が飢餓の恐れ 国連発表】の続きを読む


    北朝鮮、新天皇即位に祝電送った文大統領らを非難

    「千年の宿敵である日本に頭を下げる屈辱的な行為」と非難

    NO.7435680
    北朝鮮、新天皇即位に祝電送った文大統領らを非難
    北朝鮮、新天皇即位に祝電送った文大統領らを非難
    ■「南朝鮮は千年の宿敵である日本に頭を下げるのか」

    ■専門家「韓日関係改善をけん制」
    文在寅(ムン・ジェイン)大統領は1日、新天皇に即位した徳仁天皇に祝電を送った。

    祝電の内容は「徳仁天皇の即位を祝い、退位した明仁天皇と同様、戦争の痛みを覚えながら平和のための固い歩みを続けるよう期待する」というものだった。

    文喜相(ムン・ヒサン)国会議長もこの日、徳仁天皇の即位を祝う祝電の中で「適切な時期に大韓民国を訪問できるよう希望する」との考えを示した。

    外交関係者の間では「日本との関係改善を模索する動き」との見方も出ている。

    ところが北朝鮮はこの日、文大統領と文議長による祝電について「千年の宿敵である日本に頭を下げる屈辱的な行為」と非難した。

    北朝鮮の対南宣伝メディア「我が民族同士」は「南朝鮮の国会が日本のものどもに秋波を送っている」「民族の尊厳と利益を害する反逆行為だ」などと非難した。

    我が民族同士はさらに「侍の輩たちとどうしても手を握る道に進むのなら、民心による峻厳な審判は避けられないだろう」とも指摘した。

    北朝鮮の動きについて高麗大学の南成旭(ナム・ソンウク)教授は「韓日関..



    【日時】2019年05月02日 09:15
    【ソース】朝鮮日報


    【北朝鮮、新天皇即位に祝電送った文大統領らを非難】の続きを読む

    このページのトップヘ