旬の気になる話題満載!

まとめサイト『旬の気になる話題満載!』を運営しております。
世間で話題になった旬のニュース、ちょっと気になるニュース、
おもしろ情報など配信していきます。

    皇室


    佳子さま 初の外国公式訪問に出発


    NO.7794063
    佳子さま 初の外国公式訪問に出発
    佳子さま 初の外国公式訪問に出発
    秋篠宮ご夫妻の次女の佳子さまは、オーストリアとハンガリーを公式訪問するため、15日午前、羽田空港を出発されました。佳子さまの外国公式訪問は初めてです。

    佳子さまは、羽田空港で宮内庁の幹部などから見送りのあいさつを受け、午前11時すぎの民間機で最初の訪問国のオーストリアに向けて出発されました。

    オーストリアとハンガリーは、日本との外交関係樹立からことしで150周年を迎え、佳子さまは両国で大統領を表敬訪問するほか、150周年を記念するレセプションや夕食会に臨まれます。
    また、オーストリアでウィーン少年合唱団のコンサートを鑑賞して団員らと懇談するほか、ハンガリーでは日本語を学ぶ現地の大学生と交流するなどして友好親善に努め、今月25日に帰国される予定です。
    佳子さまは、ホームステイや短期留学などでの海外経験はありますが、外国への公式訪問は初めてで、本を読んだり専門家の話を聞いたりして準備を進められてきたということです。



    【日時】2019年09月15日 13:56
    【ソース】NHK
    【関連掲示板】


    【佳子さま 初の外国公式訪問に出発】の続きを読む


    佳子さま、文学賞授賞式に 大学卒業後初めての宮邸外単独公務

    初めての単独公務

    NO.7508897
    佳子さま、文学賞授賞式に 大学卒業後初めての宮邸外単独公務
    佳子さま、文学賞授賞式に 大学卒業後初めての宮邸外単独公務
    秋篠宮家の二女・佳子さまは優れた児童書におくられる文学賞の授賞式に出席された。

    秋篠宮家の佳子さまは、3日午後、東京都内で行われた授賞式の会場を笑顔で訪問された。

    この文学賞は子供たちに優れた本を紹介するために創設され、今年は原発事故後の福島県飯舘村の人々の生活を記録した「それでも『ふるさと』」が大賞を受賞した。

    佳子さま「今回表彰されたようなすばらしい作品が、今後もより多く発表され、幅広く読まれて子供たちの心に残ることを願いお祝いの言葉といたします」

    この授賞式は、去年まで紀子さまが出席してきたが、今年は都合がつかず、娘の佳子さまがかわりに出席された。

    佳子さまにとって、大学卒業後初めての宮邸の外での単独公務となった。



    【日時】2019年06月04日
    【ソース】日テレNEWS24


    【佳子さま、文学賞授賞式に 大学卒業後初めての宮邸外単独公務】の続きを読む


    小室圭さんと眞子さま、「南米密会」の可能性…?!

    平成から令和へと皇室のトラブルを持ち越してしまった。果たして解決の糸口は見つかるのだろうか?

    NO.7479865
    小室圭さんと眞子さま、「南米密会」の可能性…?!
    小室圭さんと眞子さま、「南米密会」の可能性…?!
    秋篠宮家は目下、小室圭さんの母の金銭トラブルが発覚した2017年暮れから、実に3年越しの難題に苛まれている。

    それはひとえに一介のパラリーガルの青年によって引き起こされた禍(わざわい)で、今やご一家のみならず皇室全体に飛び火しているのだから、恐るべき話である。

    「眞子さまは今も変わらず、小室さんへの思いを募らせておられます」

    とは、秋篠宮家の事情に通じる関係者。

    「その一方、いったん上皇陛下のご裁可を頂いておきながら、会見などで苦言を呈した秋篠宮殿下、そして当初から小室さんに懐疑的だった紀子妃殿下には不信感を一層強められ、完全なコミュニケーション不全に陥っているのです」

    妹の佳子さまは、そうした状況を察知なさって、

    「姉宮を孤立させまいと懸命にお支えしています。先日、ICUのご卒業にあたり『姉の一個人としての希望がかなう形に』との文書回答が物議を醸しましたが、あの部分にはご自分のお考えだけでなく、姉宮への偽らざるエールが込められていたのです」(同)

    換言すれば、それだけご姉妹とご両親との確執は深刻だということで、実際に、こんな光景が目撃されているのだ。

    「不仲説を払拭なさりたい..



    【日時】2019年05月22日 06:00
    【ソース】デイリー新潮


    【小室圭さんと眞子さま、「南米密会」の可能性…?!】の続きを読む


    『佳子さま、欧州2カ国ご訪問検討』 初めて公式に海外へ


    NO.7466923
    佳子さま、欧州2カ国ご訪問検討 初めて公式に海外へ
    佳子さま、欧州2カ国ご訪問検討 初めて公式に海外へ
    宮内庁は16日、秋篠宮ご夫妻の次女、佳子さまが9月中旬から下旬にかけ、外交関係樹立150周年を今年迎えるオーストリアとハンガリーを公式訪問されることを検討していると発表した。

    佳子さまが海外を公式訪問されるのは初めて。

    宮内庁によると、日程は10日間ほどで、両国の大統領への表敬訪問や現地で暮らす日本人と交流されることなどが検討されている。

    140周年の節目には、秋篠宮ご夫妻が両国を訪問された。



    【日時】2019年05月16日 14:51
    【ソース】iza


    【『佳子さま、欧州2カ国ご訪問検討』 初めて公式に海外へ】の続きを読む


    “愛子天皇”論が浮上 「令和3年」が大きな転換期に

    愛子天皇に一票

    NO.7449586
    “愛子天皇”論が浮上 「令和3年」が大きな転換期に
    “愛子天皇”論が浮上 「令和3年」が大きな転換期に
     新天皇が即位し、令和が始まった。

    ただ直前に、悠仁さまが通学する中学校の机の上に刃物が置かれ、歴史の節目に水を差すような事件も起きた。

    一方、新時代で期待を集めるのが愛子さまだ。天皇待望論がささやかれるほど存在感が増している。

     4月19日、衆議院議員会館の一室で日本会議国会議員懇談会の会合が開かれた。

    「男系継承の歴史を正しく理解してもらうことが非常に大切だ」

     こう呼びかけたのは、会合を仕切る古屋圭司元国家公安委員長。この日までに公表された新聞社などの世論調査で、女性天皇に賛成の割合が大きかったことを受けての発言だった。

    「女系・女性天皇に賛成7割」(時事通信)
    「女性天皇『容認』76%」(朝日新聞)

     朝日新聞の質問項目では、母方だけに天皇の血を引く女系天皇への容認も74%にのぼった。

     皇室典範によると、天皇に即位できるのは、父方に天皇の血を引く「男系」の男子皇族だけだ。令和の皇室で、59歳の新天皇より若い皇位継承者は、53歳の秋篠宮さまと12歳の悠仁さまの二人。

     若い世代に限れば悠仁さまだけとはいえ、ここまで女性天皇への賛成論が高まる背景には、ここ数カ月の間に..



    【日時】2019年05月08日 08:00
    【ソース】AERA dot.


    【“愛子天皇”論が浮上 「令和3年」が大きな転換期に】の続きを読む

    このページのトップヘ