旬の気になる話題満載!

まとめサイト『旬の気になる話題満載!』を運営しております。
世間で話題になった旬のニュース、ちょっと気になるニュース、
おもしろ情報など配信していきます。

    番組


    『イッテQ』出川イングリッシュが失礼すぎると視聴者ハラハラ…「日本の恥」「見てられない」


    NO.8177061
    『イッテQ』出川イングリッシュが失礼すぎると視聴者ハラハラ…「日本の恥」「見てられない」
    『イッテQ』出川イングリッシュが失礼すぎると視聴者ハラハラ…「日本の恥」「見てられない」
    2月9日の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で、出川哲朗がアメリカで英語を使い回す企画「出川イングリッシュ」が放送された。

    この日も多くの視聴者が出川の拙い英語を楽しんでいたが、外国人に対する振る舞いに一部視聴者は「さすがに失礼過ぎる」と批判を浴びせている。

    今回、出川はマイアミを訪問。

    現地人に英語で話し掛けてヒントを得ながら、番組から与えられた3つのミッションに挑んだ。

    最初のミッションは徒歩30分のところにある「蛍光塗料で塗られた積み重なった石をリポートする」という内容。

    マイアミにある美術館の入口に存在するアート作品「マイアミマウンテン」を目指した。

    「石(stone)」を「ブロック」と間違えるなど出川は苦労したが、現地人と巧みにコミュニケーションを取っていった。

    ■初対面の男性の尻をペンペンする出川
    ロケのスタート地点はマイアミのビーチ。

    出川はビーチで寝転ぶ男性に「Hey!you!」と話し掛けた。

    英語がペラペラの帰国子女・河北麻友子は遠巻きにこれを見て、「あんまりいい言い方じゃない」と首を振る。

    初対面の人に「Hey!you!」と話し掛けるのは失礼だという。

    それでも出川は男性のお尻をたたき続けるなどスキンシップを取った。

    男性は出川が日本人と知ると「サヨナラ」と日本語で話し掛け、英語で「もう少し英語を勉強してからおいで」と突っぱねた。

    この他ビーチでは「ハンサム」「ビューティフル」と褒めながら男女に話し掛けるなどしていた。

    一連の行動を視聴者はハラハラしながら見守っていたようだ。

    《もうこれ以上日本人の悪い印象付けてほしくない》

    《見てて恥ずかしいやら失礼でヒヤヒヤするやら。見てられない》

    《男性があなたはどこの出身?って聞いてたのはこんな失礼なヤツどこの国のヤツだよ?って思ったからですよ》

    《海外で美醜について相手に発言するのはタブーだし、日本人って名乗った上で失礼なことしてるのが受け付けないんだよな》

    《これ本当に出川は英語で相手にかなり失礼なこと言ってるけどその認識はスタッフの人どのくらい理解してるのでしょうか?》

    《いいかげん少し英語勉強して、段々まともなコミュニケーション取れるようになる企画にしたら?》

    失礼を楽しむ企画は時代遅れなのかもしれない。

    ■「無知って怖い」と反響
    今回は米国・マイアミで実施され、最初のミッションは美しいビーチからスタートすることに。

    「蛍光塗料で塗られた積み重なった石をリポート!」という比較的簡単なお題だったのだが、出川は“石”を英語で「ブロック(塊)」だと思い込んでしまう。

    そのため、ビーチで日光浴をしていた女性に話しかけるも、全く会話が噛み合わない事態に。

    ■初対面で「Hey you!」はとても失礼
    すると、困り果てる女性の様子を察してか、近くにいた男性が出川に声をかけてくれ、嬉々とした出川は「Hey you!」と男性の元へ駆け寄った。

    しかし、この様子に河北は「初対面の人に『Hey you』ってあんまり良い言い方じゃないんです…」と顔を曇らせてしまい、テロップにも「初対面の人に『Hey you』と言うのはとても失礼」との注釈が。

    さらに、出川はその男性へのボディタッチも激しく、最終的に「SAYONARA」とあしらわれてしまった。

    「知らなかった」がために、相手にとても失礼なことをしていることにさえ、気づくことができなかった出川。

    この光景に、視聴者からも「失礼な言動してても気づかないって恐怖」「出川さんだから許されるのであって、私がやったら失礼すぎて死ぬから勉強辞めてはならぬと心に刻むのであった…」といった反響が目立ち、多くの人が勉強することの重要性を改めて痛感したようだ。

    中には「河北ちゃんがちゃんと出川さんのこの言い方は失礼とかコメントしてたの大事!真似する人出てくるだろうし」と、的確な指摘をした河北を評する声も。

    【日時】2020年02月10日
    【提供】gossip!<>


    【『イッテQ』出川イングリッシュが失礼すぎると視聴者ハラハラ…「日本の恥」「見てられない」】の続きを読む


    「はじめてのおつかい」鬼畜と炎上

    3歳児に8キロはさすがにキツイだろう。。

    NO.8121618
    「はじめてのおつかい」鬼畜と炎上
    「はじめてのおつかい」鬼畜と炎上
    1月6日に日テレ「はじめてのおつかい」で、会津市の3歳児が登場するも8キロ歩くミッションを課せられ虐待だと炎上している模様。

    姉に「ミュージカルの台本」を渡すため、往復4キロの小学校を目指して「おつかい」。

    しかし「台本」を渡し忘れており、男児は歩いて台本を取りに戻り再度学校へ。

    家と学校を2往復する形となった。

    往復4キロもの距離を子供に歩かせた後、さらにもう一回往復させるとは大人でもヘビー。

    当然スタッフが見守っていた中の演出や台本だろうが、年々低年齢化する「過酷なおつかい」に疑問の声も上がっているようだ。

    【日時】2020年01月21日 15:00
    【提供】激裏情報


    【「はじめてのおつかい」鬼畜と炎上】の続きを読む


    『紅白』視聴率過去最低…ジャニーズ&嵐“特別扱い”、松田聖子の最低の歌唱で視聴者離れ


    NO.8072830
    『紅白』視聴率過去最低…ジャニーズ&嵐“特別扱い”、松田聖子の最低の歌唱で視聴者離れ
    『紅白』視聴率過去最低…ジャニーズ&嵐“特別扱い”、松田聖子の最低の歌唱で視聴者離れ
    毎年大みそか恒例のテレビ番組『NHK 紅白歌合戦』が先月31日に放送され、平均視聴率は第1部が34.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、第2部が37.3%をマークし、それぞれ前年の37.7%、41.5%を下回った。

    第2部は、2部制となった1989年以降で最低となり、事実上の過去最低となった。

    “平成最後の『紅白』”となった前年(2018年)は第2部が40%という大台に乗り、改めて国民的番組としての存在感を示したが、“令和最初の『紅白』”はその数字に届かなかった。

    今回は内村光良が3年連続となる総合司会を務め、白組司会の嵐・櫻井翔(2年連続)、紅組司会の綾瀬はるか(4年ぶり3度目)が脇を固め、安定した司会ぶりをみせた。

    例年通りステージ上ではさまざまなサプライズも披露され、なかでも黒いロック歌手のような衣装をまとい、空中を縦横無尽に動く巨大な金色の竜のゴンドラの上からアニメ映画『ドラゴンボール超』の主題歌『限界突破×サバイバー』をヘッドバンキングしながら熱唱した氷川きよしは、登場直後からインターネット上で



    【日時】2020年01月02日
    【ソース】Business Journal
    【関連掲示板】


    【『紅白』視聴率過去最低…ジャニーズ&嵐“特別扱い”、松田聖子の最低の歌唱で視聴者離れ】の続きを読む


    ドクターX・低視聴率で【米倉涼子+内田有紀の入浴砲発動】

    こういうシーンが出てくるって事はネタ切れかな?

    NO.8047361
    ドクターX・低視聴率で米倉涼子+内田有紀の入浴砲発動
    ドクターX・低視聴率で米倉涼子+内田有紀の入浴砲発動
    10月17日スタート、米倉涼子鉄板の「ドクターX」。

    常時20パーセント台が期待されるも10%にとどまったためか、米倉涼子+内田有紀の入力シーンをブチこんできたと話題になっている。

    定番の入浴シーン、今後の視聴率低下で更なる露出が期待される。

    【日時】2019年12月23日 18:00
    【提供】激裏情報
    【関連掲示板】


    【ドクターX・低視聴率で【米倉涼子+内田有紀の入浴砲発動】】の続きを読む


    米倉涼子『ドクターX』、シリーズ平均で18.5%の最低視聴率に沈むも来年の“続編”が確定事項か

    ドラマが短編で終ってしまうところにマンネリが進んだのではないか?
    連続ものにしたら飽きられしまうだろうか。。。しかし18.5%の視聴率なら十分な範囲ではないだろうか。

    NO.8039986
    米倉涼子『ドクターX』、シリーズ平均で18.5%の最低視聴率に沈むも来年の“続編”が確定事項か
    米倉涼子『ドクターX』、シリーズ平均で18.5%の最低視聴率に沈むも来年の“続編”が確定事項か
     米倉涼子が主演する人気ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』第6シリーズ(テレビ朝日系、木曜午後9時〜)の最終回(第10話)が19日に放送され、視聴率は19.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)で大台には届かなかった。

     全話の平均視聴率は18.5%で、シリーズごとでは、過去ワーストだった第1シリーズ(2012年)の19.1%を下回り、自己最低に沈んでしまった。

    「日本テレビが裏で放送した『ぐるナイゴチ大精算!』3時間スペシャルが16.9%の高視聴率をマークしたのが響いたのでしょう。

    ふだん日テレの裏番組は『秘密のケンミンSHOW!』で10%程度ですから、かなりアップさせました。

    低視聴率のフジテレビも『全日本フィギュアスケート選手権2019〜女子ショートプログラム』をオンエアし、11.1%と2ケタに乗せましたので、これも影響したんでしょうね」(テレビ誌記者)
    『ドクターX』は第2シリーズ(13年)で平均23.0%を記録して以降、第3シリーズ(14年)が22.9%、第4シリーズ(16年)が21.5%、第5シリーズ(17年)が20.9%と平均視聴率で、4シリーズ連続で大台を突破していたが、“20%神話”もついに崩壊。

    そして、シリーズ最低視聴率を更新してしまったことで、同ドラマが終わってしまうのか、はたまた継続していくのか気になるところ。

    「もう6シリーズ目ですから、マンネリ化するのは当然ですし、かつての勢いはありません。

    それでも平均で18.5%をマークしたのはすごいこと。

    ネット上でも批判的な意見はあまり見受けられません。

    近年テレビ視聴の動向も変わり、リアルタイムで見なくても、ネットで後から無料で見ることができる、民放公式ポータルサイト『TVer』なども普及しましたので、多少数字が落ちるのは致し方ないかと。

    すでにテレ朝と米倉の所属事務所オスカープロモーションとの間では、来年10月期も、“米倉枠”にすることで合意しているといいます。

    昨年は米倉が『「ドクターX」はやらない』との意思が固く、『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』になってしまいましたが、今は米倉の拒絶反応も強くないようですから、来年も『ドクターX』の続編が制作される可能性は高いのでは」(テレビ制作関係者)
     マンネリ化しても、もはや『水戸黄門』の領域に入りつつある『ドクターX』。

    来年も大門未知子の姿が見られるだろうか。
    【日時】2019年12月20日 17:30
    【提供】日刊サイゾー
    【関連掲示板】


    【米倉涼子『ドクターX』、シリーズ平均で18.5%の最低視聴率に沈むも来年の“続編”が確定事項か】の続きを読む

    このページのトップヘ