旬の気になる話題満載!

まとめサイト『旬の気になる話題満載!』を運営しております。
世間で話題になった旬のニュース、ちょっと気になるニュース、
おもしろ情報など配信していきます。

    番組


    『紅白』視聴率過去最低…ジャニーズ&嵐“特別扱い”、松田聖子の最低の歌唱で視聴者離れ


    NO.8072830
    『紅白』視聴率過去最低…ジャニーズ&嵐“特別扱い”、松田聖子の最低の歌唱で視聴者離れ
    『紅白』視聴率過去最低…ジャニーズ&嵐“特別扱い”、松田聖子の最低の歌唱で視聴者離れ
    毎年大みそか恒例のテレビ番組『NHK 紅白歌合戦』が先月31日に放送され、平均視聴率は第1部が34.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、第2部が37.3%をマークし、それぞれ前年の37.7%、41.5%を下回った。

    第2部は、2部制となった1989年以降で最低となり、事実上の過去最低となった。

    “平成最後の『紅白』”となった前年(2018年)は第2部が40%という大台に乗り、改めて国民的番組としての存在感を示したが、“令和最初の『紅白』”はその数字に届かなかった。

    今回は内村光良が3年連続となる総合司会を務め、白組司会の嵐・櫻井翔(2年連続)、紅組司会の綾瀬はるか(4年ぶり3度目)が脇を固め、安定した司会ぶりをみせた。

    例年通りステージ上ではさまざまなサプライズも披露され、なかでも黒いロック歌手のような衣装をまとい、空中を縦横無尽に動く巨大な金色の竜のゴンドラの上からアニメ映画『ドラゴンボール超』の主題歌『限界突破×サバイバー』をヘッドバンキングしながら熱唱した氷川きよしは、登場直後からインターネット上で



    【日時】2020年01月02日
    【ソース】Business Journal
    【関連掲示板】


    【『紅白』視聴率過去最低…ジャニーズ&嵐“特別扱い”、松田聖子の最低の歌唱で視聴者離れ】の続きを読む


    ドクターX・低視聴率で【米倉涼子+内田有紀の入浴砲発動】

    こういうシーンが出てくるって事はネタ切れかな?

    NO.8047361
    ドクターX・低視聴率で米倉涼子+内田有紀の入浴砲発動
    ドクターX・低視聴率で米倉涼子+内田有紀の入浴砲発動
    10月17日スタート、米倉涼子鉄板の「ドクターX」。

    常時20パーセント台が期待されるも10%にとどまったためか、米倉涼子+内田有紀の入力シーンをブチこんできたと話題になっている。

    定番の入浴シーン、今後の視聴率低下で更なる露出が期待される。

    【日時】2019年12月23日 18:00
    【提供】激裏情報
    【関連掲示板】


    【ドクターX・低視聴率で【米倉涼子+内田有紀の入浴砲発動】】の続きを読む


    米倉涼子『ドクターX』、シリーズ平均で18.5%の最低視聴率に沈むも来年の“続編”が確定事項か

    ドラマが短編で終ってしまうところにマンネリが進んだのではないか?
    連続ものにしたら飽きられしまうだろうか。。。しかし18.5%の視聴率なら十分な範囲ではないだろうか。

    NO.8039986
    米倉涼子『ドクターX』、シリーズ平均で18.5%の最低視聴率に沈むも来年の“続編”が確定事項か
    米倉涼子『ドクターX』、シリーズ平均で18.5%の最低視聴率に沈むも来年の“続編”が確定事項か
     米倉涼子が主演する人気ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』第6シリーズ(テレビ朝日系、木曜午後9時〜)の最終回(第10話)が19日に放送され、視聴率は19.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)で大台には届かなかった。

     全話の平均視聴率は18.5%で、シリーズごとでは、過去ワーストだった第1シリーズ(2012年)の19.1%を下回り、自己最低に沈んでしまった。

    「日本テレビが裏で放送した『ぐるナイゴチ大精算!』3時間スペシャルが16.9%の高視聴率をマークしたのが響いたのでしょう。

    ふだん日テレの裏番組は『秘密のケンミンSHOW!』で10%程度ですから、かなりアップさせました。

    低視聴率のフジテレビも『全日本フィギュアスケート選手権2019〜女子ショートプログラム』をオンエアし、11.1%と2ケタに乗せましたので、これも影響したんでしょうね」(テレビ誌記者)
    『ドクターX』は第2シリーズ(13年)で平均23.0%を記録して以降、第3シリーズ(14年)が22.9%、第4シリーズ(16年)が21.5%、第5シリーズ(17年)が20.9%と平均視聴率で、4シリーズ連続で大台を突破していたが、“20%神話”もついに崩壊。

    そして、シリーズ最低視聴率を更新してしまったことで、同ドラマが終わってしまうのか、はたまた継続していくのか気になるところ。

    「もう6シリーズ目ですから、マンネリ化するのは当然ですし、かつての勢いはありません。

    それでも平均で18.5%をマークしたのはすごいこと。

    ネット上でも批判的な意見はあまり見受けられません。

    近年テレビ視聴の動向も変わり、リアルタイムで見なくても、ネットで後から無料で見ることができる、民放公式ポータルサイト『TVer』なども普及しましたので、多少数字が落ちるのは致し方ないかと。

    すでにテレ朝と米倉の所属事務所オスカープロモーションとの間では、来年10月期も、“米倉枠”にすることで合意しているといいます。

    昨年は米倉が『「ドクターX」はやらない』との意思が固く、『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』になってしまいましたが、今は米倉の拒絶反応も強くないようですから、来年も『ドクターX』の続編が制作される可能性は高いのでは」(テレビ制作関係者)
     マンネリ化しても、もはや『水戸黄門』の領域に入りつつある『ドクターX』。

    来年も大門未知子の姿が見られるだろうか。
    【日時】2019年12月20日 17:30
    【提供】日刊サイゾー
    【関連掲示板】


    【米倉涼子『ドクターX』、シリーズ平均で18.5%の最低視聴率に沈むも来年の“続編”が確定事項か】の続きを読む


    米倉涼子ドクターX、過去最低視聴率で窮地……「面白くない」「マンネリ」の声続出


    NO.8005350
    米倉涼子ドクターX、過去最低視聴率で窮地……「面白くない」「マンネリ」の声続出
    米倉涼子ドクターX、過去最低視聴率で窮地……「面白くない」「マンネリ」の声続出
     米倉涼子が主演を務め、現在“第6シリーズ”を放送中の連続ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系)。

    12月12日放送の第9話に、ゲスの極み乙女。のボーカル・川谷絵音がゲスト出演するとわかり、ネット上ではさまざまな反応が寄せられている。

    「同5日の第8話放送後、次回予告で川谷のゲスト出演が判明。本人も同日に自身のTwitterで、『来週放送のドラマ「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」に僕、出演します』と告知しました。川谷が演じるのは、主人公の大門未知子(米倉)が勤務する東帝大学に極秘入院した、若きシンガーソングライター・新津多九也という役です」

    本業もミュージシャンの川谷だが、2018年放送のドラマ『恋のツキ』(テレビ東京系)や、今年4月期に放送された『神ちゅーんず 〜鳴らせ!DTM女子〜』(テレビ朝日系)と、実は深夜ドラマへの出演経験がある。

    そして今回、ゴールデンタイムのドラマかつ、高視聴率を誇る『ドクターX』への起用とあって、ファンは「川谷さん、すごすぎる!」「放送楽しみにしてます!」などと歓喜しているが……。

    「川谷といえば、16年に『週刊文春』(文藝春秋)でタレント・ベッキーとの不倫を報じられた際の印象が根強いようで、ネット上には『“ゲス不倫”野郎なんて見たくない!』『「ドクターX」好きなのに、あんなヤツ出すなよ!』と、川谷に拒否反応を示す視聴者が続出。また、『「ドクターX」はそのままでも面白いのに、変な話題作りいる?』『ゲストで注目集めなくても、みんな見るでしょ』といった声も。しかし、今期の『ドクターX』は、視聴率が“ガタ落ち”しているんですよね」

    『ドクターX』シリーズはこれまで、毎話“2ケタ”の視聴率を獲得しており、今期もそれは変わっていない。

    しかし、17年10月期放送の“第5シリーズ”まで、毎話20%以上の視聴率だった中、今期は初回20.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で発進後、第8話まですべて10%台という状態。

    11月14日放送の第5話は15.9%と、“過去最低”を記録してしまった。

    「第5話は、同時間帯にTBS系で『サッカーW杯アジア第2次予選』の日本VSキルギス戦を放送していたので、これが影響したと考えられます。とはいえ、ネット上では今期の『ドクターX』について、『あんまり面白くない。いつも同じ展開で慣れちゃったからかな?』『明らかにマンネリ化してる。今期は特にそれを感じるわ』『前はもっと“医療モノ”として見ごたえがあったけど、今の「ドクターX」はなんか浅い』といった批判的なコメントも少なくないので、単純に視聴者が離れている可能性もあるでしょう」(同) こうした現状から、番組側も“話題性”を必要としているようだが、川谷の起用で数字はどこまで回復するだろうか。
    【日時】2019年12月06日 15:43
    【提供】サイゾーウーマン
    【関連掲示板】


    【米倉涼子ドクターX、過去最低視聴率で窮地……「面白くない」「マンネリ」の声続出】の続きを読む


    「探偵!ナイトスクープ」新局長は「超大物」! 百田尚樹氏「フライング予告」に朝日放送激怒!?


    NO.7899283
    「探偵!ナイトスクープ」新局長は「超大物」! 百田尚樹氏「フライング予告」に朝日放送激怒!?
    「探偵!ナイトスクープ」新局長は「超大物」! 百田尚樹氏「フライング予告」に朝日放送激怒!?
     西田敏行局長の“退任”が話題となっている『探偵!ナイトスクープ』(朝日放送テレビ)だが、長年番組に携わっている百田尚樹氏が、西田の降板する11月を待たずして、SNSに「新局長の発表」を予告したという。

    すでにその投稿は削除されているものの、局内では、百田氏への怒りの声が飛び交う事態になっていたようだ。

     百田氏は10月21日、公式が何も発表していない段階で「さて、気になるのが新局長ですが、今週25日の夜20時ごろ、ツイッターで報告します」「私のツイートが初出です! フライング報告します」などと投稿していた。

    「ところが、当該ツイートは程なくして削除され、百田氏は『大人の事情で削除』との捨てゼリフとしか思えないツイート以降、この話題については一切触れていません」

    百田氏は『ナイトスクープ』に、長年構成スタッフとして携わっているだけに、恐らく“新局長”の名前を早々に知ったとみられている。

    「その正体はトップシークレットですが、西田にもまったく引けを取らない超大物芸能人で、しばらくの間は共演者たちも萎縮してしまうのでは……とささやかれているほどなんです。恐らく百田氏も、その名前を知って驚き、舞い上がって、『フライング報告する』などと投稿してしまったのではないでしょうか」

    百田氏が指定した「今週25日の夜20時ごろ」というのは、まさに『ナイトスクープ』の収録が行われているタイミングなのだという。

    「このとき収録されるのが、まさに“新局長”の初登場回だという説があるのです。もしそうなれば、番組観覧の一般人にも、新局長が誰だかわかりますし、百田氏はそのタイミングでフライング発表をしてしまえと考えたのでは」

    しかし、「テレビに携わる人間として、こんなルール違反が許されるはずがない」と前出の朝日放送テレビ関係者は言う。

    「百田氏のツイートの件を知った局内は騒然となり、激怒する者もいたほど。局からの猛クレームで、さすがの百田氏もまずいと思ったのか、すぐにフライングは“なかったこと”となりました。新局長にこの話が伝わって、局に不信感を抱かせてしまったら、それこそ取り返しのつかない事態になってしまいますからね」(同) 番組や局関係者からすれば、身内の悪ふざけで“超大物のキャスティング”を潰されかねないという非常事態だったようだ。

    無事に新局長がお披露目されることを祈りたいものだが……。
    【日時】2019年10月24日 11:45
    【提供】サイゾーウーマン


    【「探偵!ナイトスクープ」新局長は「超大物」! 百田尚樹氏「フライング予告」に朝日放送激怒!?】の続きを読む

    このページのトップヘ