旬の気になる話題満載!

まとめサイト『旬の気になる話題満載!』を運営しております。
世間で話題になった旬のニュース、ちょっと気になるニュース、
おもしろ情報など配信していきます。

    社会.くらし


    「お金を稼げない人」と稼げる人の決定的な差


    NO.8197100
    「お金を稼げない人」と稼げる人の決定的な差
    「お金を稼げない人」と稼げる人の決定的な差
    キャリアの多様化が進み、副業やフリーランスとして仕事を始める人が増えています。

    ところが、「あれもこれもやっているのに、結果が出ない……」「毎日懸命に働いているのに、余裕のある生活にならない……」こんな悩みを抱えている人が少なくありません。

    なぜ、こうした事態に陥ってしまうのでしょうか。

    それは、ちょっとした行動の違いが重なって起こってしまうようです。

    そこで、副業・フリーランスで人気の講師業を始め、自身の収入を3倍にした五十嵐康雄氏に、著書『稼げる講師、稼げない講師 どこが違うか』から稼げない人がやりがちな3つの残念な行動について紹介してもらいました。

    残念な行動?いい仕事のために睡眠時間を削る稼げない人は、仕事に一生懸命になるがあまり、あるいは少しでも多く仕事をしようと、睡眠時間を削ってでもなんとかしようとします。

    睡眠不足だと、脳も体も疲れがとれず、日中眠くなり、仕事の効率も悪くなり、結果として仕事の時間が長くなってしまいます。

    ましてや、顧客の前でふとした瞬間にウトウトしてしまったら、一瞬で信頼を失ってしまいます。

    当然コンディションも悪く、そんな状態では、チャンスが来たときにいいパフォーマンスが発揮できるはずがありません。

    どんなにいいコンテンツを用意していても台無しです。

    さらに疲れた表情をしている人や、覇気のない人に仕事を頼みたい、一緒に仕事をしたいと思う人はいません。

    睡眠時間を削ることは、パフォーマンスを落とし、仕事の効率を下げるうえにチャンスまで失ってしまうのです。

    一方、稼げる人は、睡眠も仕事と考えています。

    睡眠時間を予定に組み込み確保することはもちろんのこと、睡眠の質も大事にします。

    次の日の自分のパフォーマンスを上げるためです。

    たとえば、出張で前泊するホテルは、極力、以前泊まったことがあって居心地のいいホテルを選びます。

    ホテルの部屋で休むにも仕事をするにも、ストレスの少ない環境だからです。

    ホテルへのアクセス、周辺環境、ホテル内の施設や客室内の設備などもわかっているので、余計なことに気を遣わなくてすみます。

    さらに、常連になれば、好みの枕、必要な備品などを毎回お願いしなくても、ホテル側で準備をしてくれます。

    良質な睡眠をとると目覚めもよく、軽い運動でもすれば、やる気が自然とみなぎってきます。



    【日時】2020年02月17日 08:00
    【ソース】東洋経済オンライン
    【関連掲示板】


    【「お金を稼げない人」と稼げる人の決定的な差】の続きを読む


    アカデミー賞4冠を受賞した映画『パラサイト』


    アカデミー賞『パラサイト』のキャストこぼれ話とポン・ジュノ監督の“オタク”力 アカデミー賞『パラサイト』のキャストこぼれ話とポン・ジュノ監督の“オタク”力
    …で公開されたことがあるが、『パラサイト』効果で当時の記事に再び再照明が合っているほどだ。 (参考記事: 映画『パラサイト』の美人奥様女優、高校の卒業写真も美しかった…
    (出典:エンタメ総合(慎武宏))



    (出典 www.newsweekjapan.jp)


    アカデミー賞4冠ともなると世間の反応は凄いもの!

    【アカデミー賞4冠を受賞した映画『パラサイト』】の続きを読む


    楽天「送料無料」で公正取引委員会が立ち入り検査 独占禁止法違反の疑い


    NO.8176947
    楽天「送料無料」で公正取引委員会が立ち入り検査 独占禁止法違反の疑い
    楽天「送料無料」で公正取引委員会が立ち入り検査 独占禁止法違反の疑い
    「楽天市場」を運営する楽天が、一定額以上の商品を購入した利用者の送料を一律で無料にすると決めたことについて、公正取引委員会が優越的な立場を利用して不当な要求をした独占禁止法違反の疑いがあるとして立ち入り検査に乗り出したことが関係者への取材で分かりました。

    関係者によりますと、立ち入り検査を受けたのは「楽天市場」を運営する大手IT企業の「楽天」です。

    楽天は、これまで出店者に任せていた「楽天市場」の送料について、来月18日から、購入額が3980円以上であれば一部の地域などを除いて送料を一律で無料にするサービスを開始する方針を決めています。

    これについて公正取引委員会が、優越的な立場を利用して一方的に規約を変更するなど出店者に不当な要求をした独占禁止法違反の疑いがあるとして、立ち入り検査に乗り出したことが関係者への取材で分かりました。

    楽天市場の送料をめぐっては一部の出店者から「送料の負担が増え、経営が圧迫される」という不満の声が出ていて、先月、出店者らが加盟する団体が、公正取引委員会に調査を求めるおよそ4000筆の署名を提出していました。

    公正取引委員会は関係者から事情を聴くなどして、楽天側の行為が独占禁止法違反にあたるかどうか調査を進めるものとみられます。

    一方、楽天の三木谷浩史社長は先月、利用者の送料を無料にする取り組みについて、「何がなんでも成功させていきたい」と述べ、予定どおり来月から始める方針を示していて、楽天は今月、「法令上の問題はないものと考えていますが、公正取引委員会からの調査につきましては、全面的に協力してまいります」とするコメントを発表していました。



    【日時】2020年02月10日 13:35
    【ソース】NHK
    【関連掲示板】


    【楽天「送料無料」で公正取引委員会が立ち入り検査 独占禁止法違反の疑い】の続きを読む


    なぜオジサンは「ベージュのズボン」を履くのか?


    NO.8174342
    なぜオジサンは「ベージュのズボン」を履くのか?
    なぜオジサンは「ベージュのズボン」を履くのか?
    ●「清潔感のないズボン」は卒業しようあなたは普段、どんなズボンを履いていますか?ジーンズ、スラックス、チノパンなど、ズボンにも様々なアイテムがあります。

    しかし、避けたいアイテムが1つだけあります。

    それが、下のような「ベージュのチノパン」です。

    男性が履くズボンの中では最もポピュラーなアイテムですが、どうしても「休日のおじさん」といった、野暮ったさを感じさせます。

    「無難なもの」を選ぼうとするあまり、つい手に取ってしまうのが、「ベージュ」なのです。

    たしかに、ベージュは「明るさ」が出て、安心感があるかもしれません。

    しかし、清潔感がないように見えてしまいます。

    どうせなら、思い切って「ホワイト」にまで振り切ったほうが、清潔感が漂いますし、おしゃれにも見えます。

    ホワイトといっても、少し黄色味がかったものもありますが、「真っ白のズボン」を選ぶことで清潔感の漂う着こなしが実現できます。

    まずは手頃なユニクロのジーンズからトライしてみましょう。

    最初は見慣れないものですが、何度か履いているうちに手放せないアイテムになるはずです。

    ●「人との違い」がおしゃれに見えるホワイトジーンズは、少し抵抗があるアイテムかもしれません。

    ズボンは色の濃いものが多いのですが、その中で唯一明るさを足せるのがホワイトジーンズです。

    まだまだ履いている人は少数派ですが、履いてみると意外と誰にでも似合いやすいアイテムです。

    それに、人との違いがあるからこそおしゃれに見えるものです。

    ぜひ積極的に取り入れてみてください。

    ホワイトジーンズは着こなしに「アクセント」を加えることができる稀有なアイテムです。

    男性の中には、「全身ダークトーン」というコーディネートの人がよくいますが、どこか退屈に感じることもあります。

    そんなとき、いつものズボンをホワイトジーンズに変えてみましょう。

    これだけで一気におしゃれに見えるようになります。

    ホワイトジーンズを履くとき、靴は「ネイビーやブラックなどのレザースニーカー」にしてラフさを足しましょう。

    革靴も合わないことはないのですが、少しきれいめに寄りすぎて、キザな着こなしに見えてしまいます。

    スニーカーで適度なカジュアルさを足しましょう。



    【日時】2020年02月08日 06:01
    【ソース】DIAMONDオンライン
    【関連掲示板】


    【なぜオジサンは「ベージュのズボン」を履くのか?】の続きを読む


    ガソリンスタンド選び「セルフ派」多数か 「フルサービス派」それぞれの選ぶ理由とは

    セルフスタンドばかりでフルサービスはほとんど見かけなくなった。何リットル入れようが店員に気兼ねすることもなく入れれるのは、セルフ派にはありがたいところだろう。。

    NO.8169433
    ガソリンスタンド選び「セルフ派」多数か 「フルサービス派」それぞれの選ぶ理由とは
    ガソリンスタンド選び「セルフ派」多数か 「フルサービス派」それぞれの選ぶ理由とは
    ガソリンスタンド選びに関するアンケートを実施。

    「フルサービス」と「セルフサービス」のどちらを優先的に探すか、という質問では過半数が「セルフ」と回答。

    「フル」も含め、双方の選ぶ理由も寄せられました。

    「セルフサービス」のガソリンスタンドを探す理由は?

    「乗りものニュース」では2020年1月28日(火)から30日(木)にかけて、ガソリンスタンド選びに関するアンケートを実施。

    1060人から回答が集まりました。

    「クルマに給油しようとガソリンスタンドを探すとき、フルサービスとセルフサービス、どちらを優先的に探しますか?」との質問では、「セルフサービス」が68.9%(730人)、「フルサービス」が5.9%(63人)、「どちらでもよい」が24.5%(260人)でした。

    「その他」0.7%(7人)では、「自分の車はセルフ、会社の車はフル」(35〜39歳、男性)、「社用はフル、プライベートはセルフ」(35〜39歳、男性)といった人も見受けられました。

    「セルフサービス」と答えた人に「セルフサービススタンドを優先的に探す理由」(複数回答)を聞いたところ、最も多かったのは「値段が安い」で77.9%、続いて「自分で給油できて楽しい」40.7%、「店員と話さなくてよい」33.0%、「セールスを受けにくい」31.6%でした。

    「その他」8.2%では、次のような回答がありました。

    ・急いでるとき早く給油が済む(45〜49歳、男性)
    ・ガソリンスタンドのアルバイトをしていた経験から、自分で給油した方が、ふきこぼれなく給油できる自信があるから(30〜34歳、男性)
    ・給油キャップがカギ式で店員に壊されかけた事があるため(45〜49歳、男性)
    ・少しの量でも気兼ねなく給油できる(45〜49歳、男性)
    ・店員による様々な給油トラブルを避けるため(40〜44歳、男性)
    ・燃費データ収集のため、しっかり満タンにしたいから(45〜49歳、男性)
    ・下手に給油ホースを扱われ車にキズをつけられたくない(35〜39歳、男性)

    「フルサービス」のガソリンスタンドを探す理由は?

    「フルサービス」と答えた人が選んだ「フルサービススタンドを優先的に探す理由」(複数回答)は、最多が「クルマを降りなくてよい」で77.8%、続いて「窓を拭いてくれる」47.6%、「ごみを捨ててくれる」28.6%、「タイヤの空気圧を確認してくれる」22.2%、「道路に出るときに誘導してくれる」12.7%、「エンジンルームを点..



    【日時】2020年02月07日 11:00
    【ソース】 乗りものニュース
    【関連掲示板】


    【ガソリンスタンド選び「セルフ派」多数か 「フルサービス派」それぞれの選ぶ理由とは】の続きを読む

    このページのトップヘ