旬の気になる話題満載!

まとめサイト『旬の気になる話題満載!』を運営しております。
世間で話題になった旬のニュース、ちょっと気になるニュース、
おもしろ情報など配信していきます。

    社会.くらし


    メルカリで出会ったヤバい人

    メルカリでの取引でトラブルが多発!注意を。。

    NO.7876321
    メルカリで出会ったヤバい人
    メルカリで出会ったヤバい人
    メルカリを始めて5年目になりますが、未だに「色々な人がいるな…」と思わされます。

    中には常識を知らないのか? と疑いたくなるようなユーザーもいて、かなり焦ることも。

    こうしたユーザーはネット上でもたびたび話題となりますが、万が一遭遇したときのために、 私の体験した“事例”を紹介しましょう。

    ■これはまだまだ序の口
    1.値下げさせておいて買わない

    メルカリでは値下げ交渉はよく行われますが、値段を下げた後で買わない人もいます。

    そういった商品は「専用出品」(特定ユーザーに向けての出品)とすることが多いので、他のユーザーが買うことはほとんどありませんが、出品者としては機会損失につながってしまいます。

    一刻も早く購入手続をしてほしい出品者からすれば迷惑以外の何者でもありません。

    これはメルカリでも最も起きやすいトラブルと言えるのですが、これはまだまだ序の口……。



    【日時】2019年10月15日 11:00
    【ソース】citrus
    【関連掲示板】


    【メルカリで出会ったヤバい人】の続きを読む


    エロ賢い「AIフェラマシーン」が爆誕 “フルAI体験モード”がヤバい


    NO.7847689
    エロ賢い「AIフェラマシーン」が爆誕 “フルAI体験モード”がヤバい
    エロ賢い「AIフェラマシーン」が爆誕 “フルAI体験モード”がヤバい
    性行為の前戯としておそらく人気ナンバーワンのフェラチオ。男性器を口や舌で刺激し、生殖とは無関係に男性の快感のためだけにある行為だ。その歴史は古く、4−5世紀に成立したとされるインドの性愛論書『カーマ・スートラ』を始め、南米の古代文化でもフェラチオする人物の土器が発掘されている。日本でも「尺八」「雁が音」というフェラチオを指す言葉が古くからあり、平安時代にも行われていてことが示唆されている。

     かくも世界の性文化に深く根差している行為だが、科学技術全盛の今、フェラチオが新たな進化を遂げている。

     英紙「Daily Star」(10月3日付)によると、男性の思考を読み取り、完全な快感をもたらしてくれる「AIフェラマシーン」が開発されたという。遠隔操作のセックストイ「テレディルドニクス」、「VRポルノ」、「セックスロボット」など、技術と性の融合が進む中、出るべくして出たと言うべきだろうか。

     これを待ち望んでいた男性はやはり大勢いたようで、開発資金を募ったクラウドファンディングでは、64カ国5500人の男性から募金があり、75万5千ドル(約8000万円)が集まったというから驚きだ。

     開発チームは1000時間ものフ..



    【日時】2019年10月04日
    【ソース】TOCANA
    【関連掲示板】


    【エロ賢い「AIフェラマシーン」が爆誕 “フルAI体験モード”がヤバい】の続きを読む


    高速道路「最低速度違反」取り締まり強化を!!


    NO.7859967
    高速道路「最低速度違反」取り締まり強化を!!
    高速道路「最低速度違反」取り締まり強化を!!
    昨今問題となっている「あおり運転」だが、あおる側に問題があるのはもちろんだが、あおられる側にも問題があることが多い。

    そのひとつが、高速道路の追い越し車線をひたすら走り、追い越し車線なのにマイペースにゆっくり走るクルマだ。後ろについたクルマはたまらない…。これには、追い越しそうと車線変更してくるトラックも含まれる。

    実は高速道路には最高速度以外にも、「最低速度」というものが設定されている。これを変更することで、交通の流れをよくし、トラブル防止につながるのではないかと考えられる。

    ということで、今回はこの高速道路の最低速度について考えてみたいと思う。

    また、日本にも取り入れられる、海外のお手本となる交通マナーについても取り上げているので、自らの運転と比べつつ、自車とその周りのクルマが快適にドライブができるように参考にしてもらいたい。



    【日時】2019年10月09日
    【ソース】ベストカーweb
    【関連掲示板】


    【高速道路「最低速度違反」取り締まり強化を!!】の続きを読む


    ノーベル化学賞に旭化成名誉フェロー・吉野彰氏 京大工学部出身


    NO.7859545
    ノーベル化学賞に旭化成名誉フェロー・吉野彰氏 京大工学部出身
    ノーベル化学賞に旭化成名誉フェロー・吉野彰氏 京大工学部出身
     スウェーデン王立科学アカデミーは9日、2019年ノーベル化学賞を、京都大工学部出身で旭化成名誉フェローの吉野彰氏(71)ら3人に贈る、と発表した。

    吉野氏はコバルト酸リチウムを使い、高性能のリチウムイオン電池を開発した。

    携帯電話やノートパソコンのバッテリーなどIT社会に不可欠な電源となるとともに自動車や住宅にも利用が広がり、エネルギーの効率利用による環境負荷の低減が期待されている。

     日本のノーベル賞受賞は27人目。

    化学賞は2010年の鈴木章氏らに次いで8人目。

    出身や大学の在籍など京都にゆかりのある受賞者は15人になった。授賞式は12月10日にスウェーデン・ストックホルムで開かれ、3人に計賞金900万クローナ(約1億万円)が贈られる。

     充電して再利用できる2次電池に、反応性が高い金属リチウムを電極に用いようと多くの研究者が挑戦した。しかし充放電を繰り返すと性能が低下し、熱暴走という安全性の課題もあり、実用化は難しかった。

     吉野氏はノーベル化学賞を受賞した白川英樹氏が発見した導電性高分子のポリアセチレンに着目、2次電池に用いる研究を1981年から始めた。

    コバルト酸リチウムを正極とする2次電池..



    【日時】2019年10月09日 18:51
    【ソース】京都新聞


    【ノーベル化学賞に旭化成名誉フェロー・吉野彰氏 京大工学部出身】の続きを読む


    次世代ゲーム機「プレステ5」2020年の年末商戦発売決定!


    NO.7857896
    次世代ゲーム機「プレステ5」2020年の年末商戦発売決定!
    次世代ゲーム機「プレステ5」2020年の年末商戦発売決定!
    ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、次世代コンソールゲーム機の名称を「プレイステーション5」(PS5)に決定したことを明らかにした。PS5は2020年の年末商戦期に発売予定となっている。

    (画像はWired | EXCLUSIVE: WHAT TO EXPECT FROM SONY’S NEXT-GEN PLAYSTATIONより)
     PS5には、超高速アクセスが可能なカスタムSSDとAMD社製カスタムチップセットが搭載。ゲームのロード時間が“過去のもの”となるうえ、さらにグラフィックスも向上するという。

     コントローラーには従来の振動技術に代わり、ハプティック技術が搭載。ハプティック技術とは振動や衝撃などを用いてユーザーにフィードバックを与えるというもので、触覚を通じてさらなるゲーム体験を楽しめるようだ。なお、L2・R2ボタンには抵抗力を感じさせるアダプティブトリガーを採用しているとのこと。

     また、PS5はPS4タイトルの互換性が用意される予定で、実現に向けた設計が行われているという。PS VRにも対応しており、物理メディアにはUltra HD Blu-rayが採用される。



    【日時】2019年10月08日 21:16
    【ソース】電ファミニコゲーマー
    【関連掲示板】


    【次世代ゲーム機「プレステ5」2020年の年末商戦発売決定!】の続きを読む

    このページのトップヘ