旬の気になる話題満載!

まとめサイト『旬の気になる話題満載!』を運営しております。
世間で話題になった旬のニュース、ちょっと気になるニュース、
おもしろ情報など配信していきます。

    政治、経済


    便座を舐める「コロナウイルスチャレンジ」で21歳男性が感染 米

    ある意味、勇気あるチャレンジ!

    NO.8307142
    便座を舐める「コロナウイルスチャレンジ」で21歳男性が感染 米
    便座を舐める「コロナウイルスチャレンジ」で21歳男性が感染 米
    新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大で各国が対応に追われる中、トイレの便座を舐める「コロナウイルスチャレンジ」に挑戦したアメリカ在住の21歳の男性が、ウイルスに感染し入院中であることが明らかになった。

    いたずらにしてはあまりにも不快、かつ危険なチャレンジには非難が殺到しており、保健専門家は「チャレンジで命が危険に晒される可能性もある。今すぐ止めて!」と注意を喚起している。

    まさに自業自得、呆れるしかないニュースが飛び込んできた。

    ショートムービープラットフォーム「TikTok(ティックトック)」から発信され拡散中の「コロナウイルスチャレンジ」に挑戦したLarzという21歳男性が、公衆トイレの便座(実際にはトイレのふち)を舐めてウイルスに感染、現在入院中だという。

    『New York Post』によると、男性は今月20日にチャレンジ動画をTwitterに投稿、その2日後にはロサンゼルス・ビバリーヒルズの病院のベッドに横になる動画を配信し「新型コロナウイルス、陽性だったよ」とツイートした。

    このTwitterアカウントはすでに削除されているが、男性は以前にもスーパーで販売されているアイスクリームを舐めて再び棚に戻す「アイスクリームチャレンジ」に挑戦しており、SNSには「犯罪」「気持ち悪い」「なぜこんな男をフォローするのか」などといった怒りの声があがっていた。

    また男性はメディアにも登場し、「たくさんのフォロワーのおかげで、SNSで金儲けができた」と発言し猛バッシングを浴びていたのだった。

    イギリスの朝のテレビ番組『Good Morning Britain』は23日に「コロナウイルスチャレンジ」について取り上げており、司会を務めるピアーズ・モーガンはいつもの毒舌で「これはカルマだよ。この男は報いを受けたんだ」とまくし立てた。



    【日時】2020年03月26日 14:50
    【ソース】Techinsight


    【便座を舐める「コロナウイルスチャレンジ」で21歳男性が感染 米】の続きを読む


    高速道路料金「無料化」案も浮上、新型コロナ終息後に

    高速道路料金、無料化なれば、終日に殺到し渋滞は免れない。。

    NO.8306278
    高速道路料金「無料化」案も浮上、新型コロナ終息後に
    高速道路料金「無料化」案も浮上、新型コロナ終息後に
    東京オリンピック・パラリンピックの1年延期が決まった直後に、東京都で新たに41人もの新型コロナウイルスの感染者を確認。

    小池百合子知事は昨夜、緊急の記者会見を開き、「感染爆発の重大局面を迎えた」と述べ、平日はテレワークを推奨、週末は当面の間、不要不急の外出を控えるよう都民らに要請した。

    新型コロナによる肺炎患者は抑制されるどころか、世界各地で感性拡大が止まらないが、国内の感染状況については、厚生労働省がホームページで毎日更新。

    各紙も社会面で掲載しているが、3月25日午後11時の時点での国内感染者はクルーズ船・チャーター便を含めて2019人に達している。

    都道府県別では北海道を抜いて東京が感染者トップに躍り出たが、ほかには愛知、大阪、兵庫と続く。

    一方、岩手、山形、富山、島根、鳥取、鹿児島の6県は依然として感染者ゼロ。

    不謹慎ながらもネット上では春の大会が中止になったセンバツ高校野球ではないが、"ベスト4"に残れる安全・安心に暮らせる県はどこかなどと、そんな予想の書き込みもあるほどだ。

    そんな中、少し時期尚早のようだが、終息後の経済対策の具体的な議論も始まったという。

    きょうの産経によると、都市部と地方を結ぶ高速道路を無料化し、感染拡大や東京オリンピック・パラリンピックの延期決定などで深刻な打撃を受けている地方の観光業を支援するそうだ。

    政府はすでに東日本高速道路(NEXCO東日本)など各社へ打診。

    財政措置の枠組み次第では、首都高速道路でも無料化が実現する可能性があるという。

    高速料金の割引についてはリーマンショック後の景気浮揚対策の一環で、ETC搭載車に限り「土日祝日1000円乗り放題」を実施したことがあったが、マイカー族が休日に集中して大渋滞を引き起こした悪しき例もある。

    おそらく、今回も1〜2年程度の期間限定とはなるだろうが、それがバカ高い高速料金が終日無料になれば、少なからず地方経済回復の波及効果は期待できるだろう。



    【日時】2020年03月26日 08:15
    【ソース】レスポンス
    【関連掲示板】


    【高速道路料金「無料化」案も浮上、新型コロナ終息後に】の続きを読む


    コロナショックで大リストラ時代に突入? 「完全失業率が2〜3割にのぼる恐れも」と識者


    NO.8304986
    コロナショックで大リストラ時代に突入? 「完全失業率が2〜3割にのぼる恐れも」と識者
    コロナショックで大リストラ時代に突入? 「完全失業率が2〜3割にのぼる恐れも」と識者
    東京商工リサーチの調査では、2019年の倒産件数は8383件で前年より増加。

    人手不足による倒産が多いというが、今後は新型コロナウイルスで経営が立ち行かなくなる企業がますます増えていくと思われる。

    そして、人手不足時代から一転して大リストラ時代に突入する可能性もあるという。

    さらに、新型コロナウィルスが猛威を振るっていることを鑑みると、3月21日放送の「田村淳の訊きたい放題!」(MX系)では、「冷え込む消費に新型このコロナウイルスが追い打ち 2020年は企業倒産ラッシュ元年か?」という特集が組まれ、ジャーナリストの町田徹氏が今後の日本の雇用状況について分析した。(文:石川祐介)

    ■経営者は「非正規労働者は景気や業績が悪くなったら『切って良い』と思っている」

    町田氏は「新型コロナウィルスの対策というのは本来経済を活性化しなきゃいけない時に『人を動かすな』『モノを動かすな』ってことでしょ?(景気が)悪い時に『経済を止めろ』ってことだから過去に例のない経済危機(になる)」と語る。

    倒産も増えていくというが、一方で「倒産は経済が悪い時の尺度として考えるのは意味がない」と話す。

    "倒産件数の増加=経済の悪化"と捉えることは誤りであるというのだ。

    「東京商工リサーチの倒産件数のデータは67年分あるんですけど、2019年の倒産件数は47番目でとても低い。ピークは1984年で2万件を超えている。(今年は)どれだけ増えても1万〜1万5000件しかいかない」そのため、これから最も注視すべき点として「解雇者数」を挙げる。

    町田氏は「非正規労働者が増えたでしょ? 企業は潰れないために、従業員の首を切って生き残っている。解雇者数を経済を測る尺度として見るべき」と説明する。

    「(リーマンショック時と比較して)去年は非正規労働者は400万人も増えている。この400万人は景気や業績が悪くなってコストカットしなければいけなくなったら、経営者は『切って良い』と思っている」リーマンショック時に"派遣切り"という言葉をよく耳にしたが、非正規労働者を雇用の調整弁と捉える企業は10年以上経った今でも全く変わっていない。

    町田氏は「仮に400万人が切られたら、今の2.4%の完全失業率が11.1%まで上がる。さらにバブル期に増えた人達も切られたら20〜30%になる」と警鐘を鳴らす。



    【日時】2020年03月25日 17:55
    【ソース】キャリコネ
    【関連掲示板】


    【コロナショックで大リストラ時代に突入? 「完全失業率が2〜3割にのぼる恐れも」と識者】の続きを読む


    新型コロナ、小池都知事「首都の封鎖あり得る」


    NO.8298424
    新型コロナ、小池都知事「首都の封鎖あり得る」
    新型コロナ、小池都知事「首都の封鎖あり得る」
    東京都の小池知事は、新型コロナウイルスの大規模な感染拡大が認められた場合は、首都の封鎖=ロックダウンもあり得るとして、都民に対し、大型イベントの自粛などを改めて求めました。

    「この3週間オーバーシュートが発生するか否かの大変重要な分かれ道であるということです」(小池百合子 東京都知事)小池都知事は、23日から3週間、イベントなど人が密集する空間への外出を控えるよう都民に呼びかけました。

    都内で大規模な感染拡大が認められた際には、東京都を封鎖する「ロックダウン」も検討するとしています。

    また、小池知事は、海外から帰国後に感染が確認されるケースが多くなっていることから、羽田空港の検疫の状況を自ら確認することを発表。

    さらに、東京には大学も多く、症状の軽い人たちが感染を広げないように、若者にメッセージを出すことを明らかにしました。



    【日時】2020年03月23日 14:22
    【ソース】TBS News


    【新型コロナ、小池都知事「首都の封鎖あり得る」】の続きを読む


    森会長【我々は愚かではない】五輪延期の検討認める

    五輪延期になると聖火リレーはどうなる?

    NO.8298382
    森会長「我々は愚かではない」五輪延期の検討認める
    森会長「我々は愚かではない」五輪延期の検討認める
    東京オリンピック(五輪)・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(82)と武藤敏郎事務総長(76)が23日、東京・晴海で会見した。

    国際オリンピック委員会(IOC)が大会の延期を含めた検討に入ると発表したことを受け、森会長は「(通常開催に向けて)私どもは歩んで参りましたが、今日の状況を見ると、国際情勢が変化している中、まだまだ予断を許さない。欧州や米国など異常な事態になっている地域もある。いろんな(延期や注意を求める)声があるのに『最初の通り、やるんだ』というほど我々は愚かではない」と延期の検討を認めた。

    新型コロナウイルスの感染拡大について「大変ご心配をお掛けしている。各方面から、いろんなご意見をいただいていた中、昨晩、IOC(国際オリンピック委員会)バッハ会長、コーツ調整委員長らとテレビ会議を行いました。こちらは私と武藤事務総長が一緒に参加いたしました。急に昨晩、あの時間になった理由は日本時間の午後10時からIOCの臨時理事会が開かれ、東京2020への対応を相談したいとのことで。したがって、我々も意見の一致を見ておく必要があった。その結果、次のことで合意を見ました」と説明した。

    「中止は一切、議論しない。あり得ない」「日本とIOCの代表者が議論する。双方で考え方をまとめ上げていくことになった。最初から延期、ではないが、延期の議論を避けるわけにはいかない。延長の議論をしないわけにはいかない」「シナリオについて精査したい。約4週間で作り上げたい」これを受けて「昨夜、東京都と国、小池知事と安倍総理、橋本大臣、萩生田大臣、遠藤会長代行、山下JOC(日本オリンピック委員会)会長に、それぞれ連絡した」という。

    聖火リレーについては26日のグランドスタート(福島・Jヴィレッジ)まで「あと3日かけて実施方法を検討する。26日は、私が必ず福島へ参ります」と森会長が断言し、武藤事務総長は「聖火リレーの中止は全く考えていない」とした。

    また、大規模イベントの自粛を要請している立場の安倍首相がグランドスタート出席を迷っていることも明かされた。



    【日時】2020年03月23日 15:08
    【ソース】日刊スポーツ


    【森会長【我々は愚かではない】五輪延期の検討認める】の続きを読む

    このページのトップヘ