コロナショックで大リストラ時代に突入? 「完全失業率が2〜3割にのぼる恐れも」と識者


NO.8304986
コロナショックで大リストラ時代に突入? 「完全失業率が2〜3割にのぼる恐れも」と識者
コロナショックで大リストラ時代に突入? 「完全失業率が2〜3割にのぼる恐れも」と識者
東京商工リサーチの調査では、2019年の倒産件数は8383件で前年より増加。

人手不足による倒産が多いというが、今後は新型コロナウイルスで経営が立ち行かなくなる企業がますます増えていくと思われる。

そして、人手不足時代から一転して大リストラ時代に突入する可能性もあるという。

さらに、新型コロナウィルスが猛威を振るっていることを鑑みると、3月21日放送の「田村淳の訊きたい放題!」(MX系)では、「冷え込む消費に新型このコロナウイルスが追い打ち 2020年は企業倒産ラッシュ元年か?」という特集が組まれ、ジャーナリストの町田徹氏が今後の日本の雇用状況について分析した。(文:石川祐介)

■経営者は「非正規労働者は景気や業績が悪くなったら『切って良い』と思っている」

町田氏は「新型コロナウィルスの対策というのは本来経済を活性化しなきゃいけない時に『人を動かすな』『モノを動かすな』ってことでしょ?(景気が)悪い時に『経済を止めろ』ってことだから過去に例のない経済危機(になる)」と語る。

倒産も増えていくというが、一方で「倒産は経済が悪い時の尺度として考えるのは意味がない」と話す。

"倒産件数の増加=経済の悪化"と捉えることは誤りであるというのだ。

「東京商工リサーチの倒産件数のデータは67年分あるんですけど、2019年の倒産件数は47番目でとても低い。ピークは1984年で2万件を超えている。(今年は)どれだけ増えても1万〜1万5000件しかいかない」そのため、これから最も注視すべき点として「解雇者数」を挙げる。

町田氏は「非正規労働者が増えたでしょ? 企業は潰れないために、従業員の首を切って生き残っている。解雇者数を経済を測る尺度として見るべき」と説明する。

「(リーマンショック時と比較して)去年は非正規労働者は400万人も増えている。この400万人は景気や業績が悪くなってコストカットしなければいけなくなったら、経営者は『切って良い』と思っている」リーマンショック時に"派遣切り"という言葉をよく耳にしたが、非正規労働者を雇用の調整弁と捉える企業は10年以上経った今でも全く変わっていない。

町田氏は「仮に400万人が切られたら、今の2.4%の完全失業率が11.1%まで上がる。さらにバブル期に増えた人達も切られたら20〜30%になる」と警鐘を鳴らす。



【日時】2020年03月25日 17:55
【ソース】キャリコネ
【関連掲示板】








#10 [匿名さん] :2020/03/25 21:53

学生は就職困難に入る


#21 [匿名さん] :2020/03/25 21:55

>>10
そうだな。
就活も出来なくなりそうだもんな。
いつその事、全学校を1年休みにして、全員留年させるか。


#17 [匿名さん] :2020/03/25 21:54

丸紅も大赤字やね


#18 [匿名さん] :2020/03/25 21:54

飲食と観光は本当に脆弱だったんやな。


#27 [匿名さん] :2020/03/25 21:58

生活に最低必要な物があれば良い。娯楽、外食は必要ない!


#31 [匿名さん] :2020/03/25 22:02

治安が悪くなる犯罪者が溢れる!もう連鎖反応ははじまってる?