【紀平梨花ノーミス演技で連覇】…宇野とアベックV (動画)


NO.8217614
紀平梨花、ノーミス演技で連覇…宇野とアベックV
紀平梨花、ノーミス演技で連覇…宇野とアベックV
◆フィギュアスケート チャレンジ・カップ最終日(23日、オランダ・ハーグ)

女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の紀平梨花(17)=関大KFSC=がフリーでもトップの156・38点をマークし、合計230・65点で連覇を飾った。4回転サルコーは回避したが、3回転半ジャンプ(トリプルアクセル)2本、3回転ルッツ2本を入れた高難度の構成をノーミスで演じ上げ、3月の世界選手権(18〜21日、モントリオール)に弾みをつけた。

横井ゆは菜(19)=中京大=が141・27点、214・56点で2位。

22日の男子フリーは宇野昌磨(22)=トヨタ自動車=が198・70点、合計290・41点で優勝した。

ノーミスの演技に、紀平はガッツポーズをつくった。

「集中して全てのジャンプをきれいに着氷することができてよかった。出来としても90点くらいの内容」と笑顔で振り返った。

トリプルアクセル2本と3回転ルッツ2本を含む全てのジャンプを成功。

ステップ、スピンも最高評価のレベル4をそろえる完成度の高い滑りを披露した。

3月の世界選手権前最後の実戦は演目の完成度を重視し、4回転サルコーは回避した。

参考記録ながら18年NHK杯で記録したフリーの自己ベストを1・68点上回り、次戦の世界選手権へ弾みをつけた。

「世界選手権に向けてもっと改善していきたい」。シニア転向1季目で世界を席巻する「ロシア3人娘」に挑む。



【日時】2020年02月24日
【ソース】スポーツ報知
【関連掲示板】








#27 [匿名さん] :2020/02/24 17:01

>>0
ゆは菜その演技全日本でしてたら、紀平の二番手で世界選手権だったわ。


#1 [匿名さん] :2020/02/24 16:14

紀平ちゃん締まりいい❣
気持ちいい❣


#2 [匿名さん] :2020/02/24 16:16

可愛い


#5 [匿名さん] :2020/02/24 16:18

ロシアの選手が参加だと紀平は
メダルは取れない


#16 [匿名さん] :2020/02/24 16:28

>>5
一昨年のグランプリファイナルは、ロシア不参加だったの?


そりゃ、びっくり


#20 [匿名さん] :2020/02/24 16:30

>>16
ザギトワくだして優勝だったよ


#9 [匿名さん] :2020/02/24 16:21

せっかくの調整出場なんだから4回転挑戦しとくべきだったんじゃ?

世界選手権で一発勝負じゃ完成度云々とか言ってられないでしょ


#26 [匿名さん] :2020/02/24 16:47

他の女子選手に比べ下半身が軽いし、
ジャンプ技術が圧倒的

浅田真央は何だったんだ?っていうレベルだ


#29 [匿名さん] :2020/02/24 17:13

>>26
コストルナヤがロシアインタで紀平のジャンプとトゥクタミのジャンプ、どっちが上手いかの質問に別物と答え、自分は真央のジャンプを手本にしてると答えてたわ。
日本のインタなら真央と言うと思うが、自国インタでも答えていた。紀平もそう。
素人から見る目とスケーターとの目線では違うようだ。


#34 [匿名さん] :2020/02/24 17:21

梨花、頑張れ!