【槇原敬之 覚せい剤取締法違反で逮捕】 1991年「どんなときも。」がミリオンセラー


NO.8185978
槇原敬之容疑者 覚せい剤取締法違反で逮捕 1991年「どんなときも。」がミリオンセラー
槇原敬之容疑者 覚せい剤取締法違反で逮捕 1991年「どんなときも。」がミリオンセラー
歌手の槇原敬之容疑者(50)が13日、覚せい剤取締法違反(所持)の容疑で警視庁に逮捕された。

同容疑者は1999年にも覚せい剤取締法違反の現行犯で逮捕され、有罪判決を受けている。

■槇原 敬之(まきはら・のりゆき)
本名槇原範之。1969年(昭44)5月18日、大阪府生まれ。5歳のころからピアノを始め、大学浪人中に応募した「アクシア・ミュージック・オーディション89」でグランプリを獲得し、3浪中の90年「NG」でデビュー。青山学院大に入学した91年「どんなときも。」がミリオンセラーを記録、日本レコード大賞新人賞を受賞し、NHK紅白歌合戦にも初出場した。翌92年の選抜高校野球大会の入場行進曲に。その後も「もう恋なんてしない」「?1」などヒット曲を連発。99年8月に覚せい剤取締法違反の現行犯で警視庁に逮捕され、懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を受けた。翌2000年に復帰アルバムを発表、03年には「世界に一つだけの花」をSMAPに提供、同曲は翌年の選抜高校野球大会の入場行進曲となった。



【日時】2020年02月13日 17:29
【ソース】スポーツニッポン
【関連掲示板】








#8 [匿名さん] :2020/02/13 19:49

うん。さんが1000ゲットしてた😊✌


#28 [匿名さん] :2020/02/13 19:51

>>8
うん。さん2年ぶり5度目の千ゲット


#9 [匿名さん] :2020/02/13 19:49

「内偵捜査が始まっています。このXの親友も覚醒剤で逮捕されていて、確実に包囲網は狭まっている。すでに、Xが出したゴミの中から使用の証拠となるようなものを押収しているそうです」

ところが、その際“想定外のモノ”まで出てきたというから穏やかではない。

「SMグッズです(笑い)。拘束具とか、ムチとか、三角木馬の一部とか。さすがに捜査関係者も言葉に詰まったらしい。Xは、パートナーとバキバキにキメながらSMプレーをしていたのかもしれません。

逮捕、起訴された暁には、Xの性癖もあらわになる衝撃的な公判が待っているかも。そうなれば、沢尻どころじゃありませんよ」(同)


#37 [匿名さん] :2020/02/13 19:52

また?これで芸能界は追放だね