【紀平梨花Vで4大陸選手権連覇】 樋口4位、坂本5位

17歳の妖精!笑顔がとってもいい。おめでとう!

NO.8172008
紀平梨花Vで4大陸選手権連覇 樋口4位、坂本5位
紀平梨花Vで4大陸選手権連覇 樋口4位、坂本5位
<フィギュアスケート:4大陸選手権>◇8日◇韓国・ソウル◇女子フリー

ショートプログラム(SP)首位の紀平梨花(17=関大KFSC)がフリートップの151・16点を記録し、合計232・34点で2連覇を果たした。

樋口新葉(19=明大)が合計207・46点の4位、坂本花織(19=シスメックス)が202・79点の5位となった。

最終滑走。

紀平が女王の貫禄を示した。

直前に同じ浜田美栄コーチから指導を受ける劉永(ユ・ヨン、15=韓国)が会心の演技。

紀平もトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)が1回転半になるミスがあったが、2本目はきっちりと決めて2回転トーループをつけた。

重圧がかかる中で安定感を示し、合計223・23点でトップだった劉永を上回った。

1月に約3週間行った米コロラド合宿。

4回転ジャンプの練習などと並行し、磨いたのがフリー「インターナショナル・エンゼル・オブ・ピース」の振り付け。

振付師のトム・ディクソン氏と手の動きから表情に至るまで高みを目指した。

「少しの差だけれど、ちょっと雑になっている滑りとかがあった。『もう少し流れに沿った、曲にあった感じを意識してほしい』と言われました。『こんなにも違うように見えるんだな』と思いました」

失敗が少なくなった高難度のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は、跳ぶまでの滑りを曲にとけ込ませる段階になった。

「振り付けから『パッとジャンプのルートに入ったな』っていうのが分かるような感じだった。『そこはなくしてほしい』と言われました」

22年北京五輪金メダルを目標とし、4回転サルコーも特訓中。

それでもジャンプの進化だけでなく、プログラムの完成度にもこだわってきた。

今後はチャレンジ・カップ(20日開幕、オランダ・ハーグ)を経て、3月の世界選手権(カナダ・モントリオール)に向かう。

昨季の同選手権は4位。

強力ロシア勢も出場する大舞台で、1年間の集大成を披露する。

▽紀平梨花のコメント「今日はちょっと前のヨンちゃんの点数(223.23点)にすごく驚いて、少し緊張しました。1つ目のアクセルにミスがあったんですけど、その他のジャンプでリカバリーできたのがすごくよかった。次につながるいい経験になった」



【日時】2020年02月08日 16:57
【ソース】日刊スポーツ
【関連掲示板】








#1 [匿名さん] :2020/02/08 18:53

のりへいさん おめでとう


#2 [匿名さん] :2020/02/08 18:54

紀平ちゃん\(^-^)/


#4 [匿名さん] :2020/02/08 19:00

何千日もずっと見ていたい顔。
こんなに癒される顔つきの娘はそうそう居ない。
おめでとう!


#6 [匿名さん] :2020/02/08 19:04

今まで連覇した人は見たこと無い


#10 [匿名さん] :2020/02/08 19:14

色白美人で愛嬌ある顔だね
付き合いたい!


#11 [匿名さん] :2020/02/08 19:14

なんだよ、四回転やらなかったのか…

これではロシア勢に勝てないな。


#16 [匿名さん] :2020/02/08 19:16

>>11
次まだチャレンジカップがある
そこで試すんでは?

男女初連覇かかってたから今回やる必要ない


#18 [匿名さん] :2020/02/08 19:20

紀平は230点台が普通になってきたな。十分異次元。ユヨンもそこに来るね・・・。