紀平梨花、4回転サルコー転倒4位も「精いっぱいを尽くせた」

ロシア3選手の中でよく頑張った!

NO.8009091
紀平梨花、4回転サルコー転倒4位も「精いっぱいを尽くせた」
紀平梨花、4回転サルコー転倒4位も「精いっぱいを尽くせた」
フィギュアスケート・GPファイナル最終日 ( 2019年12月7日 イタリア・トリノ )
女子の紀平梨花(関大KFSC)はフリー145・76点で、合計216・47点の4位となり、12、13年大会優勝の浅田真央以来となる日本女子の連覇に届かなかった。

16歳のアリョーナ・コストルナヤ(ロシア)が合計247・59点の世界最高得点で優勝した。

午前の公式練習を終え、17歳は4回転サルコーへのアタックを決断した。演技直前の6分間練習で不安はあったが、「入れると決めたので、諦めずに挑戦したいと思った」と決意は揺るがない。冒頭、試合で初めて挑んだ大技は転倒。
4位に終わったため「点数、順位、演技にも悔いは残る」としたが、「自分の中では精いっぱいを尽くせた試合だった」と胸を張った。
4回転ジャンプを跳ばないコストルナヤ(ロシア)が世界最高得点で優勝したが、トルソワ(同)が4回転4種5本のフリーに臨み、シェルバコワ(同)はルッツとフリップを操るなど4回転時代に突入している。「時代の流れに沿っていけるように挑戦して良かった。守りに入らず、攻めた試合を続けたい」。空前のハイレベルの中で上位を争うため、紀平は強い意志で氷上に立つ。



【日時】2019年12月08日 05:57
【ソース】スポーツニッポン
【関連掲示板】








#3 [匿名さん] :2019/12/08 10:47

梨花ちゃん、カワイイ!
毎晩、妄想しながら、・・・してます😍


#4 [匿名さん] :2019/12/08 10:53

ロシアの選手層が厚すぎる


#6 [匿名さん] :2019/12/08 11:12

頑張って
紀平さん、宮原さんは日本の希望です。


#14 [匿名さん] :2019/12/08 11:52

>>6
宮原……


#13 [匿名さん] :2019/12/08 11:48

紀平梨花ちゃん超かわいい

お*ふやけるまで舐め舐めしたい


#16 [匿名さん] :2019/12/08 12:00

ロシア勢には敵わない


#22 [匿名さん] :2019/12/08 12:12

ロシア選手の強さは認める。が、ドーピング国家ロシアだからな…


#23 [匿名さん] :2019/12/08 12:13

4回転成功してたとしても到底追い付けない圧倒的な差だな。ロシア勢の中でもアリョーナの実力は飛び抜けてる。


#32 [匿名さん] :2019/12/08 12:21

よく頑張った!
感動した!


#33 [匿名さん] :2019/12/08 12:33

紀平のブームもほんの一瞬だったな


#34 [匿名さん] :2019/12/08 12:44

ロシア選手はドーピング検査で全滅するかもしれないし。


#35 [匿名さん] :2019/12/08 14:06

むちむちでエロい


#37 [匿名さん] :2019/12/08 14:19

>>35

太もも(下半身)がとにかく魅力的だよね


#38 [匿名さん] :2019/12/08 15:22

エリート英才教育ロシア勢に対抗出来るのは、貴女だけだ、それだけでも大した事だ…