<2019年04月 | 旬の気になる話題満載!

旬の気になる話題満載!

まとめサイト『旬の気になる話題満載!』を運営しております。
世間で話題になった旬のニュース、ちょっと気になるニュース、
おもしろ情報など配信していきます。

    2019年04月


    『ラーメン二郎にカップルで来るな〜!』二郎マニアがイラだつわけ

    確かに。。行列をよそにメシ食いながら携帯いじってる客を見かけます。

    NO.7430063
    「ラーメン二郎にカップルで来るな〜!」二郎マニアがイラだつわけ
    「ラーメン二郎にカップルで来るな〜!」二郎マニアがイラだつわけ
    「ラーメン食べながらいちゃついたり、写真撮ってその場でインスタにアップしたり。ここはそういうことをしていい場所じゃない。カフェじゃないんだ」

     こう語るのは、轟伸二さん(仮名・31歳)。彼はラーメン二郎をこよなく愛す、通称“ジロリアン”だ。

    近年、同店に来る客層にうんざりしていると憤慨する。

    ◆なぜ“カップル”で来る?

     簡単におさらいするが、ラーメン二郎は1968年に創業、首都圏を中心に40店舗ほどがある。麺の上にモヤシ、キャベツ等が高く盛られた異常なボリュームで、先述した“ジロリアン”というコアなファンが多数存在するラーメン店だ。

     客層の大半は男性で占められており、ただ黙々とデカ盛りに食らいつく男たちの光景が想像できるものだが、轟さんは「カップル客も多い」と話す。

    「まあ今に始まったことじゃないんだけど、最近はカップル客と遭遇することが増えた気がします。もちろん『女性は来るな』なんて言うつもりは毛頭ないし、女性でも二郎が好きなんてすごい嬉しい。ただ、やっぱり腹立つことは多い」

     具体的に何が不満なのか尋ねると、シンプルに「食べるのが遅い」という答えが返ってきた。

    「男よ..



    【日時】2019年04月30日 08:54
    【ソース】日刊SPA!


    【『ラーメン二郎にカップルで来るな〜!』二郎マニアがイラだつわけ】の続きを読む


    日本発アダルトグッズ『TENGA』韓国市場で売り上げ急増

    売り上げに貢献しているのは意外や意外、反日の国『韓国』とは。。不買運動はどうなった?

    NO.7430815
    日本発アダルトグッズ『TENGA』韓国市場で売り上げ急増
    日本発アダルトグッズ『TENGA』韓国市場で売り上げ急増
    日本のアダルトグッズブランド、TENGAは29日、韓国市場での売り上げが急増していることを明らかにした。

    昨年3月から今年2月までの60カ国・地域の売り上げの伸びを分析した結果、韓国は2位だった。

    TENGAによると、売り上げの伸びが最大だったのは台湾で前年同期比514%増。

    2位韓国は185%増、3位米国は112%増だった。

    TENGAはアダルトグッズに対する韓国社会の認識が徐々に開放的に変化したことを韓国での売り上げ増加の主因として挙げた。

    同社関係者は「韓国でも性が表で論じられるようになり、誰でも楽しむことができるものへと認識が変化していることを感じる」と指摘した。

    販売量トップは看板商品の「オリジナルバキュームカップ」で、2位は反復使用する商品に使用する「ホールローション」、3位は携帯可能な商品「ポケットウェーブライン」、4位は最近発売された「スピナーシェル」、5位は「エアテクレギュラー」だった。

    TENGAによると、1週間のうちで月曜日にアダルトグッズを購入する消費者が最も多かった。

    次いで、火曜日、水曜日、日曜日、木曜日、金曜日、土曜日の順だった。

    商品の配達時間を短縮しようという意向が働いた結果..



    【日時】2019年04月30日 09:01
    【ソース】朝鮮日報
    【関連掲示板】


    【日本発アダルトグッズ『TENGA』韓国市場で売り上げ急増】の続きを読む


    退位礼正殿の儀終了 天皇陛下「支えてくれた国民に感謝」

    長い間、ご苦労様でした。

    NO.7430727
    退位礼正殿の儀終了 天皇陛下「支えてくれた国民に感謝」
    退位礼正殿の儀終了 天皇陛下「支えてくれた国民に感謝」
    202年ぶりの天皇の退位の儀式となる「退位礼正殿の儀(たいいれい・せいでんのぎ)」が午後5時、皇居 宮殿の「松の間」で始まり、先ほど終わりました。

    天皇陛下は国民に向けた最後のおことばの中で、「即位から三十年、これまでの天皇としての務めを、国民への深い信頼と敬愛をもって行い得たことは、幸せなことでした。象徴としての私(わたくし)を受け入れ、支えてくれた国民に、心から感謝します」と述べられました。



    【日時】2019年04月30日 17:16
    【ソース】NHK


    【退位礼正殿の儀終了 天皇陛下「支えてくれた国民に感謝」】の続きを読む


    『見せるものじゃない』出産映像を公開、ドン引きされた芸能人

    母は強し!
    出産はめでたい事ではあるものの、その様子を世間に公開することに疑問?

    NO.7430831
    「見せるものじゃない」出産映像を公開、ドン引きされた芸能人
    「見せるものじゃない」出産映像を公開、ドン引きされた芸能人
    2018年12月に妊娠を発表し、双子を出産予定の蒼井そらが、Abema TVで4月30日から5月1日かけて出産ドキュメンタリーを中継することを発表し、賛否が集まっている。

    母となる覚悟を生中継するほか、出産約3カ月前からの妊娠生活の密着映像も放送されるとのことだが、過去には出産映像をテレビ番組で公開し、ブーイングを受けた芸能人がいる。

    その一人がタレントの安田美沙子。

    「安田は18年1月25日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に出演し、17年に第1子である長男を自宅で出産した際の映像を公開しました。夫が撮影した映像には、生まれたばかりの息子を目の前に、安田が感極まって涙する姿が映し出されましたが、これに対しネット上は、『他人の出産は見たくない』『プライベートな出産を公開する意味って?』『羊水や血がついたままの赤ちゃんを全国に放送するってどんな神経?』といった呆れた声が寄せられました」(芸能ライター)

    また、お笑いトリオ・森三中の大島美幸は15年7月5日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で出産シーンを公開し、物議を醸した。

    「同年6月22日に第1子を出産した大島ですが、リアクション芸人を自負するだけに、出産中もCCDカメラ付きのヘルメットカメラを着用。カメラに自身の出産する瞬間の顔を収めました。また、番組では誕生した長男を見て、『ありがとう……可愛いね』と号泣する様子も放送されましたが、映像を公開した大島に対して、ネットユーザーからは『撮影するのは個人の自由だけど、テレビで放送する必要はない』『この人たちにとって赤ちゃんは商売道具なの?』『人に見せるものではない。番組は好きだけど途中でチャンネルを変えた』と否定的なコメントが続出したんです」(同)

    さらに、お笑いコンビのクワバタオハラ・くわばたりえも、14年4月に次男の出産映像を公開し、批判を集めた。

    13年10月に次男を出産したくわばたは、当時レギュラーを務めていた情報バラエティ番組『ハピくるっ!』(関西テレビ)で、出産時の密着映像を放送。

    「その後、番組がローカル放送だったことや、『見逃した』との声が寄せられたため、短く編集したダイジェスト版をYouTubeにくわばた本人がアップ。ネット上は『なんでも公開すればいいってもんじゃない』『出産は素晴らしい事だけど、そこまでして人様に見せるものではない』『どうして不特定多数に見せたがるか理解できない』という批判のコメントが相次ぎました」(同)

    出産はめでたい話題ではあるものの、その様子を世間に公開することに疑問を抱く人は少なくないようだ。
    【日時】2019年04月30日 15:00
    【提供】サイゾーウーマン


    【『見せるものじゃない』出産映像を公開、ドン引きされた芸能人】の続きを読む


    NHK、スマホ・PC保持者も受信料義務化を検討 年額約1万5千円

    テレビから離れていった人たちからもカネを取り立てようとする押し売り商法

    NO.7430644
    NHK、スマホ・PC保持者も受信料義務化を検討 年額約1万5千円
    NHK、スマホ・PC保持者も受信料義務化を検討 年額約1万5千円
    ■NHKの飽くなき野望
    高裁判所は今年3月12日、テレビのワンセグ放送を受信できる携帯電話を持っている人はNHKと受信契約を結ぶ義務があるとする決定をした。

    その法的根拠は、テレビを設置した者はNHKと契約しなければならないとする「放送法」である。

    放送法第64条はこう定める(カッコ内は筆者の補足)。

    「協会(NHK)の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない」

    しかし、地デジのハイビジョン放送が12セグメント(フルセグ)を使い、解像度がおよそ200万画素であるのに対し、1セグメントだけ使うワンセグ放送はその27分の1の7万6800画素しかない。

    つまり、画質には雲泥の差がある。

    それでもNHKは同額の受信料を取るのだという。

    「公共放送」を名乗っている割に、やることが相当えげつない。

    せめて画質が悪い分、値段を12分の1なり27分の1にする割引料金を設定するのが筋だろう。

    威張れる画質ではないのだし、NHKの「公共放送」としての公共性や公平性を考えるなら、ワンセグ放送の視聴は無料で十分だと思う。

    それでもNHKは、最高裁のお..



    【日時】2019年04月28日
    【ソース】Business Journal


    【NHK、スマホ・PC保持者も受信料義務化を検討 年額約1万5千円】の続きを読む

    このページのトップヘ