宇宙の膨張するスピードは科学者の予測よりずっと速い…新研究でも


NO.7933875
宇宙の膨張するスピードは科学者の予測よりずっと速い…新研究でも
宇宙の膨張するスピードは科学者の予測よりずっと速い…新研究でも
宇宙は科学者の予測を上回る速さで膨張しており、ある天体物理学者はそれを「宇宙論の危機」と呼んだ。
新しい望遠鏡の技術とNASAのハッブル宇宙望遠鏡のデータを使った新たな研究でも、この問題が確認された。
科学者たちは、彼らの理論と測定値の間の矛盾を説明できていない。別の研究者によると、この謎は「新しい物理学」につながる可能性があるという。

宇宙は科学者の予想よりもはるかに速く膨張しており、その理由は誰にもわからない。
研究者チームは、新しい望遠鏡技術を使用して収集されたデータでこの問題を確認した。先月、イギリスの王立天文学会の月報で発表された論文によると、宇宙の膨張速度の正確な測定値は、科学者が何十年も使用してきた標準モデルと一致しない。
「宇宙論の危機だ」と、宇宙物理学者で論文の共著者であるクリス・ファスナハト(Chris Fassnacht)氏はプレスリリースで述べた。
今年4月に発表された他の研究も同じ結論に達している。「この差は拡大しており、今では偶然として却下することは不可能な域に達している。偶然ではあり得ない」と、2011年にノーベル物理学賞を受賞したアダム・リース(Adam Riess)氏は当時のプレスリリースで..



【日時】2019年11月05日 10:30
【ソース】Business insider
【関連掲示板】








#3 [匿名さん] :2019/11/07 23:27

どーでもええわ


#8 [匿名さん] :2019/11/07 23:31

>>3
お前がな☺️


#6 [匿名さん] :2019/11/07 23:28

実際自分の目で見たわけではないのですべてが憶測に過ぎない
所詮、学者も人の子なんだよ


#7 [匿名さん] :2019/11/07 23:28

膨張しているという錯覚


#9 [匿名さん] :2019/11/07 23:33

宇宙が膨張していく外側って何?


#10 [匿名さん] :2019/11/08 02:20

>>9
何もない


#11 [匿名さん] :2019/11/08 02:42

46億年以上前から休まず
膨張なんでしょ


#12 [匿名さん] :2019/11/08 03:20

人生を頑張っても100年
なんの影響もない
宇宙より地球でしょ


#15 [匿名さん] :2019/11/08 04:11

全く理解不能。

宇宙の話は難し過ぎる。

3次元の世界観では理解不能だね。

光速を越える世界とか膨張する為の空間とか一般人には想定外。


#16 [匿名さん] :2019/11/08 04:38

人間が宇宙を完全に解明することはない。解明する前に
滅亡している可能性が遥かに高い。


#18 [匿名さん] :2019/11/08 04:52

膨張って どういうこと?
意味がわかるように教えてほしい…


#22 [匿名さん] :2019/11/08 05:28

>>18
光が届く距離に限るんだけど、

観測すれば、遠くなればなるほど遅くなってる。
から
恒星が地球から遠ざかってる。
何故遠ざかってるかと説明するに宇宙が膨張してる。
との仮説を今の所覆せる他説が無い。

しかし相対性理論も今の所覆せる理論が無い。
結果4次元の世界観(時間軸が無い)で仮説を説明するしか無い話。
凄い賢い人たちが凄い考えた結論なんだろうけど僕には理解不能な世界に。

宇宙の話は難し過ぎる。


#19 [匿名さん] :2019/11/08 04:54

収縮かも分からないのに。


#20 [匿名さん] :2019/11/08 04:55

分かりませんと言えない科学者達


#21 [匿名さん] :2019/11/08 05:28

そんな事考えても無駄
学者だけ考えていれば良い


#25 [匿名さん] :2019/11/08 05:42

拡張する先の空間は無って解釈?


#26 [匿名さん] :2019/11/08 05:44

宇宙の膨張は宇宙が成長してるって事


#27 [匿名さん] :2019/11/08 06:01

最後は風船みたいに割れるのか?


#33 [匿名さん] :2019/11/08 06:21

>>27
心臓の鼓動と同じ
ただ宇宙はデカすぎて鈍いだけ


#29 [匿名さん] :2019/11/08 06:14

宇宙が膨張速度を増しているのは膨張突端の面積増加に比例して時間経過が速くなっているからです。
知人のグレイに聞きました。


#35 [匿名さん] :2019/11/08 06:37

銀河は単位三元(縦横高さの空間諸元)に沿った"時間"が生じます。宇宙の突端は無の空間に超新星爆発が起きる事で星々やガスという重量物が生じ、伴って三元が確立された後、時間が生じます。
突端面積は逐次拡大していますから三元が確立される間、地球にもある不偏的金属等が生じるプロセス特性は過去の発生時
(今より小さい宇宙だった当時)と同じ時間を求められますので大きくなった分を補完する為に最後に確立される"時間"は暫時過去のそれより速くなるのです。
だから宇宙膨張の突端は常にその前より時間の速度は速くなるのです。


前世は火星の物理学者という方に伺いました。


だから地球のある銀河と離れている銀河では場所により時間経過は異なります。また、銀河内においても重量が突出して重い惑星の時間経過は他の星と異なります。それは


#38 [匿名さん] :2019/11/08 07:03

スペースシャトルに積んだ時計は地上の同じ時計より遅れた。高い山と平地でも同じ現象が起きる。


#39 [匿名さん] :2019/11/08 07:07

同じ平地でも新幹線の乗客は定点に立つ人間より同じ経過時間でも実際はわずかに未来にいる