吉野家 牛丼に「超特盛」「小盛」登場 28年ぶり定番に追加

メニューが多くなるのは良いこと。しかしまだまだお客の要求はあるようだ。

NO.7306678
吉野家 牛丼に「超特盛」「小盛」登場 28年ぶり定番に追加
吉野家 牛丼に「超特盛」「小盛」登場 28年ぶり定番に追加
吉野家が28年ぶりに牛丼の大きさを変えた新メニューを加え、7日午前4時から販売を始める。

従来より大きめの「超特盛」と小さめの「小盛」が加わり、これまでの「並盛」「アタマの大盛」「大盛」「特盛」の4種から6種に増える。

牛丼の新メニュー追加は1991年の特盛の登場以来。

「もっとボリュームのあるものを」「もう少し小さいものを」という客の声にこたえたという。

超特盛は特盛よりさらに大きく、牛肉を特盛の1・2倍にした。

ご飯は特盛と同じ。

税込み780円。

小盛は並盛より小さく、牛肉とご飯の総量を4分の3にした。

税込み360円。

吉野家は創業120年を迎え、牛丼を新たに定番6種で展開する。



【日時】2019年03月04日 15:09
【ソース】朝日新聞
【関連掲示板】








#25 [匿名さん] :2019/03/04 19:34

>>0
小盛のオバチャマよ


#3 [匿名さん] :2019/03/04 19:22

すき家のキング牛丼に対抗してきたか(笑)


#4 [匿名さん] :2019/03/04 19:22

高い


#9 [匿名さん] :2019/03/04 19:25

すきやの特盛は650円と決まっとる
それ以上はダメ


#11 [匿名さん] :2019/03/04 19:26

超特盛780えん 小盛360えんはちと高くないか?


#12 [匿名さん] :2019/03/04 19:28

>>11
人件費も入ってますので


#17 [匿名さん] :2019/03/04 19:30

>>11
小盛2個がお得


#13 [匿名さん] :2019/03/04 19:29

780円出すなら、定食屋行っちゃうかも。


#14 [匿名さん] :2019/03/04 19:29

超腹へってたら小盛りを2つ頼んだほうがよさそうだ


#15 [匿名さん] :2019/03/04 19:29

この値段なら、定食屋に行くよ〜


#18 [匿名さん] :2019/03/04 19:31

定食屋なら、野菜、味噌汁、おかず、ご飯


#19 [匿名さん] :2019/03/04 19:32

肉は並みでイイんだよ
ご飯だけ大盛りくれよ❗️


#22 [匿名さん] :2019/03/04 19:33

>>19
大盛りの肉少なめって言えばおK


#21 [匿名さん] :2019/03/04 19:33

肉は並くらいで米は特盛りとかは無理なのかな
少ない肉でも腹減ってたら米いっぱい食えたほうが満足感あるし570くらでお願いします


#27 [匿名さん] :2019/03/04 19:35

超特盛つゆだくネギだく


#30 [匿名さん] :2019/03/04 19:36

あのアメリカ牛肉が硬くてまずいから
国産牛肉にしてくれ
そしたら、牛ドン食べるわ!


#36 [匿名さん] :2019/03/04 19:38

並2つと超特盛ならどちが多いかな?


#37 [匿名さん] :2019/03/04 19:38

アタマの牛丼(肉だけ多いやつ)と卵がいいよ

肉だけ食べる
別皿に卵割っといて卵と食べる
肉とショウガで食べる
肉とご飯でたべる
ご飯だけになったところで卵かけごはんにして食べる

5つくらいのバリエーションが楽しめるw


#58 [匿名さん] :2019/03/04 19:46

>>51
まつやが安いし味噌汁付いてるからお手頃だよね
吉野家は牛鮭定食しか頼まないなぁ
単品とかもう何年も頼んでない


#63 [匿名さん] :2019/03/04 19:48

780円出すなら
やよい軒行くわ


#66 [匿名さん] :2019/03/04 19:49

どうせなら牛肉3倍ご飯も3倍とかならまだ良いけど
1.2とか中途半端


#70 [匿名さん] :2019/03/04 19:50

牛丼は吉野家が1番旨い


#77 [匿名さん] :2019/03/04 19:51

>>70
激しく同意


#80 [匿名さん] :2019/03/04 19:53

>>70
同感。


#79 [匿名さん] :2019/03/04 19:52

吉野家の牛丼は神だね!!


#81 [匿名さん] :2019/03/04 19:53

要するに、超特盛りって『オカズを大盛り』ってだけだよね

ケチ臭いな


#85 [匿名さん] :2019/03/04 19:54

小盛360円。新メニューの意味あるのか?大盛りは170円増しで並と変わらない。


#92 [匿名さん] :2019/03/04 19:56

>>85
よく考えたら小盛りでもまつやの並より高いんだな、味噌汁も付いてないしお得感ないな


#97 [Mr.ロボマシーン ◆ZjQxNWZk] :2019/03/04 19:57

吉野家の「裏メニュー」

つゆだくだく:牛丼の汁をかなり多めに入れてもらうことができる。

つゆぬき:牛丼に汁を入れない注文方法。純粋に肉とたまねぎの味を堪能したいときや、カロリーが心配なときに丁度いい。

肉下:まず最初に牛丼の肉を丼に盛り、その上にご飯を盛ってくれる。つまり、いつもとは逆さまの順番で盛られた牛丼が出てくる。見た目的にもややインパクトが強い。

つめしろ:牛丼のご飯を冷たい状態で食べることができる。常温で冷やすため、注文してから出されるまで4〜6分ほど時間がかかる。肉の温度はそのままなのでご安心を。

とろだく:牛丼に脂身の多い肉を多めに入れてもらえる。カロリーは高めになりそうだが、そのぶん濃厚な肉の脂身がジューシーに口の中でとろけ、いつもとは違った『吉野家』の丼を体験できる。

お湯割り:味噌汁にお湯を多く入れ、味を薄くしてもらえる。量は増えるが、価格は同じ。しかし味が薄い。

赤多め:牛丼の牛肉の赤身が多くなる。必然的に脂身が減るため、下記の「とろぬき」とほぼ同じような状態で提供される。しかし非常に手間がかかるうえ、この注文方法自体があまり知られていないので「赤多め」と言って注文する人は少ない。

とろぬき:牛丼の牛肉からできるだけ脂身を減らした状態になる。赤身が増えるので、上記の「赤多め」とほぼ同等のものとなる。脂身が減るので健康に気を使っている人には最適。

(※つゆだくやねぎだく等、有名な裏メニューは省略しました)